Sponsored Links

「胃腸風邪の下痢や色!いつまで?治し方は?」

 

胃腸風邪にかかってしまうと、最も苦しめられるのが嘔吐と下痢です。これらの症状がひどすぎてまともに睡眠を取ることもできなかった人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、胃腸にウィルスが入っているわけですから、そのウィルスを外へ出そうとする働きのため、これらの症状を無理に収めようとしてしまうと、返って胃腸風邪が長引いてしまうのです。

 

ですから、辛いですが症状が自然と治るまでは待つようにしましょうね。そして今回は、下痢について詳しくお話ししていこうかと思います。

 

胃腸風邪の下痢の症状や便の色は?

胃腸風邪の下痢は、水様便といって、まるで水のような激しい下痢になってしまう可能性が非常に高いです。ですので、必然的に体内から水分が奪われていってしまうわけです。

 

特に下痢の場合は下痢止めを飲みたがる人が多いのですが、下痢止めもお勧めではありません。やはりウィルスが体内にある以上、はやくウィルスを体内から追い出すために下痢や嘔吐といった症状が出ているわけですから、無理やり下痢を止めるべきではありません。

 

ですので、非常につらいかもしれませんが、下痢の症状がある限り、常温のスポーツドリンクで水分補給をしつつ、下痢が治まるまでは出し続けることが重要となってきます。

 

症状がひどい時ですと、ほぼ水のような透明の便が出てきます。しかし、少しずつ回復していくにつれて便の硬さや色も元どおりに戻ってきますので、決して水様便の状態でも焦らずに、まずは体内のウィルスを外に出すまでは我慢するようにしましょう。

 

胃腸風邪の症状はいつまで続くのか?

胃腸風邪による嘔吐や下痢の症状は、どんなに短くても半日、長い場合ですと3日ほど続く場合もよくあります。ですから、とにかくその間は脱水症状には十分に気をつけて療養していきましょう。

 

もし、1週間以上たっても一向に症状が治まらない場合は、違う病気の可能性も出てきます。なので、必ず病院に行って診察を受けるようにしてください。

 

先ほども言った通り、嘔吐や下痢の症状というのはウィルスを体外に出すために現れている作用ですから、無理にその症状を抑えようとはせずに、半日から3日ほどは、症状が治まるまで我慢するようにしましょう。

Sponsored Links

 

症状が治まったとしても、完治したわけではありません。胃はまだ弱っていますから、いきなり普段の食事に戻したり、たくさんの量を食べたりはしないようにしてくださいね。

 

だいたい1週間前後で回復すると言われていますから、最低でも1週間は食事に気を使って、身体にやさしい食べものを口にするようにしていきましょう。

 

胃腸風邪を最速で治す方法

結局、胃腸風邪というのは胃や腸にウィルスが入ってしまうことで発症するわけですから、そのウィルスをはやく外に出すことが大事なわけです。

 

ですから、薬を飲めばはやく治る!と思われがちですが、一概にそういうわけでもなく、ウィルスを外に出すことが最速で治すための最も適切な方法だということになります。

 

ですから、薬の種類にもよりますが、わざわざ吐き気止めや下痢止めを服用してしまうのは、むしろ逆効果だと考えるようにしましょう。

 

人間の体というのは非常に優秀に出来ていて、下痢や嘔吐にも全て理由があるということを忘れてはいけません。これらの症状は自分の体調を治すための働きであるということをしっかりと覚えておきましょうね。

 

ただ、そこで失われた水分に関してはしっかりと自分でケアしてあげなければなりません。外に出すことは無意識に出来たとしても、水分を取り込むことはあなたが故意的にやらざるを得ないわけです。

 

ですから、しっかりと知識を持った状態で、水分補給は欠かしてはならないということを常に頭に入れて、常温のスポーツドリンク、もしくは少し温めたものを飲むようにしていってくださいね。

 

特に子どもの胃腸風邪ですと、子どもはまだ自己管理ができませんから、親御さんがしっかりと看病してあげる必要があります。

 

正しい知識を持って、正しい看病をしてあげることが最速で胃腸風邪を治すために最も大切なことと言えます。妊婦さんの場合でも、薬をあまり服用しないように、無理せずゆっくりと療養していくことが大事と言えるでしょう。

 

大人でも、子どもでも、妊婦さんでも、胃腸風邪になってしまった場合は出来るだけ症状が治まるまではそのままで、薬を飲む場合は出来るだけ病院で処方されたものを飲むことが、最短で胃腸風邪を治すための方法と言えるでしょう。ぜひ、正しい知識を持って対処できるようになってくださいね。

Sponsored Links