Sponsored Links

「胃腸風邪の症状で大人や子ども!原因や完治は?」

 

突然の胃の痛みや吐き気、下痢などに困った経験、おそらく誰もがありますよね?近年はノロウィルスやウイルス性胃腸炎も季節問わずに感染しますから、正しい知識を学んで出来るだけ胃腸風邪になってしまわないように勉強していきましょう。

 

それでは今回は、胃腸風邪の症状や原因、そして完治するにはどうしたら良いかをご紹介していきますね。それでは早速いきましょう。

 

胃腸風邪の症状や原因 大人編

まず、胃腸風邪というのは実は正式名称がありまして、正式名称は『感染性胃腸炎』といいます。基本的に胃腸風邪の症状は、『下痢』と『嘔吐』ですので、これらの症状がひどい場合にはほぼ胃腸風邪だと考えましょう。

 

胃腸風邪の下痢や色!いつまで?治し方は?

 

そしてその感染性胃腸炎にも色々な種類がありまして、ロタウィルスというものと、ノロウィルス、そしてアデノウィルスというものが存在します。

 

ロタウィルスは5歳くらいまでの子どもが感染する病気で、ノロウィルスとアデノウィルスは年齢関係なく発症します。ロタウィルスとアデノウィルスについては後ほど詳しく説明しますので、まずはノロウィルスから説明してきますね。

 

ノロウィルスは、食中毒としても有名なウィルスで、子どもから大人まで、年齢問わずに発症します。ノロウィルスは体内に入ってから増殖するという特徴があるため、感染者の嘔吐物が感染源となって広がっていってしまうことが多いです。

 

さらにノロウィルスは熱や塩素にも強いので、60度以上の熱や塩素では消滅させることができないため、食中毒対策をしているつもりでも、実は残っていて感染してしまうということが少なくありません。なので、もっとも注意胃が必要なウィルスと言えますね。

 

胃腸風邪の症状や原因 子ども編

先ほど説明したロタウィルスとアデノウィルスは、子どもに発症しやすいウィルスとして有名です。アデノウィルスは、基本的に夏に流行る傾向があり、ノロウィルスのような胃腸の症状はそこまで強くありませんが、飛沫感染や接触感染しやすいため、注意が必要なウィルスです。

Sponsored Links

 

ロタウィルスは大体3日間ほど潜伏し、その間は高熱になることが多く、38度以上になることもよくあります。そしてとにかく下痢と嘔吐の症状がひどいので、食べ物を食べることはまず不可能だと考えましょう。

 

大人は免疫がついているため基本的に感染することはありませんが、5歳未満の子どもは免疫がないため、少しのウィルスが体内に入っただけで感染してしまう可能性が非常に高いので、もし発症してしまっても落ち着いて病院に連れて行ってあげてくださいね。

 

胃腸風邪を完治させる方法

胃腸風邪にかかってしまうと、基本的に吐き気が止まりませんので、無理に食べ物を食べても全て吐いてしまいます。ですので、基本的に吐き気が治まるまでは何も口にしないようにしましょう。

 

出来るだけ水分はこまめに摂った方が良いですが、水分をとっても吐いてしまう場合は、病院で点滴を打ってもらうのが一番効果的です。とにかく無理をせずに、病院にいく事が一番大切ですね。

 

また、吐き気がある程度収まってきても、胃はまだ弱っていますので、食べるものにも気を使うようにしましょう。

 

やはり胃に優しい食べ物としては、おかゆ、うどん、が最も良いでしょう。加えて大根やバナナ、ジャガイモなども栄養が豊富ですから、食べられるようなら無理せず少しずつ食べていくようにしましょう。

 

基本的に吐き気は1〜2日で治りますが、そこで吐き気がおさまったからといって、いきなり普通の食事に戻してしまうのは絶対にやめましょう。

 

そして一気にたくさんの量を食べるのも厳禁です。吐き気がおさまったとしても、まだ胃は非常に弱っている状態です。ですから、うどんやおかゆのような胃に負担がかからない柔らかい食べ物を1日に5〜6回ほどに分けて食べていくようにしましょう。

 

脂っこい食べ物やお菓子なども、胃に負担がかかってしまいますので、完治するまでは絶対に食べないようにしましょうね。水分を摂るときも、胃に負担がかからないように、出来るだけ暖かいものを口にするようにしましょう。

 

また、意外かもしれませんが吐き気止めや下痢止めは飲まないようにしましょう。ノロウィルスやアデノウィルスの際の吐き気や下痢というのは、体に有害なものを外に出そうとする人間の体が本来持っている防衛反応なのです。

 

ですから、それなのに吐き気止めや下痢止めを飲んでしまうのは逆効果で、むしろ症状を長引かせてしまうことになってしまいます。自然に吐き気が治まるまでは、しっかりと病院の先生の指示に従って療養していくようにしましょうね。

Sponsored Links