Sponsored Links

「胃腸炎の症状は軽い?食事はいちごや餅?」

 

胃腸炎の主な症状は、咳は鼻水などの風邪症状や、胸やけ・むかつき・嘔吐、さらに腹痛や発熱、下痢などです。

 

咳や鼻水などの風邪症状は冬場に多くみられるウイルス性の急性胃腸炎の場合に見られます。

 

最初は風邪かなと思ってしま様な症状ですし、実際に「お腹に来る風邪」などとも言われ、特に乳幼児がかかりやすいので中が必要です。

 

下痢、嘔吐などの症状が有るのが、夏場に多くみられる細菌性の胃腸炎で「夏場の食中毒」の原因の多くはこれによるものです。

 

胃腸炎の原因や症状は軽い?

冬場に感染しやすいウイルス性の急性胃腸炎の原因は、ロタウイルス・ノロウイルス・アデノウイルスなどによるものです。

 

一方、夏場に感染しやすい細菌性の急性胃腸炎の原因は、病原性大腸菌・腸管出血性大腸(O-157)・カンピロバクター・腸炎ビブリオ・サルモネラなどによるものです。

 

「一般的に、細菌性のものの法がウイルス性に比べ症状は重篤です。」

 

胃腸炎の症状で大人!寒気は発熱に吐き気!関節痛も?

 

 

胃腸炎におすすめの食事

下痢や嘔吐がおさまるまでは食事は控えましょう。

 

絶食して胃と腸を安静にすることが治療の第一歩です。

 

無理に「体力をつけるため」などとおかゆやスープなどを摂取すると、胃や腸に負担をかける結果となってしまい、逆に回復を遅らせてしまいます。

 

ただし脱水症状を起こさないためにも水分補給は欠かせません。

 

吐き気がひどく水分を摂れない場合は病院に適切な治療を受ける必要があります。

 

自己判断で市販の下痢止めや吐き気止めの薬を服用すると、有害なものを体外に排出しようとする体がもつ防衛反応を妨げてしまい、結果症状を長引かせてしまうことになりますので、必ず医師の診断を仰いでください。

 

下痢や嘔吐は1〜2日ほどでおさまるのが一般的ですが、いきなり通常食を摂るのではなく、消化のよいおかゆなどから少量ずつ分けて食べるようにしましょう。

 

「目安として3時間以上吐かなくなったら食事をしてみましょう。」

 

吐き気がなくなれば下痢をしていても食事をはじめても問題は有りませんが、便が水のようなら水分摂取を中心に、便がドロドロならドロドロの食べ物を、便がやわらかいならやわらかい食べ物をとすすめていきましょう。

 

温かく、消化のよい物を食べることで、体温も上昇し治癒が速くなります。

 

まずは重湯や野菜スープ、すりおろしりんごから始め、おかゆやうどん、ヨーグルトやバナナ、豆腐がお勧めです。

 

食欲が出てきたら、鶏ささみや胸肉、白身魚など、脂の少ない食材も良いでしょう。

 

逆に食べないほうがいい物として、脂っこいもの繊維質に富む野菜、キノコ、海藻、蒟蒻が挙げられます。

Sponsored Links

 

また、フルーツには粘膜を刺激する酸が含まれているので避けましょう。完熟したバナナやメロンなどは大丈夫ですが、柑橘系のものはしばらく禁止です。

 

さらに、コーヒー、お酒、カレー、唐辛子などの香辛料などは胃腸に刺激を与えてしまうので避けましょう。

 

「タバコも血流障害を起こし、腹痛などを強めてしまいますので、控えてた方がいいですね。」

 

胃腸炎の症状で大人は寒気や発熱、吐き気?食事は?

 

いちごや餅は本当に良いの?

果物の中で食べても良いものは、リンゴ・バナナ・桃・イチゴなど。逆に食べないほうが良いものは、柿・梨・パイナップル・レーズンなどです。柑橘系の果物や牛乳は吐き気が強まりますので避けましょう。

 

「お餅は非常に栄養価も高く、マッチ箱程度の大きさのお餅でお茶碗1杯分のご飯と同じくくらいのカロリーが有ります。」

 

下痢がおさまってきたら出汁と一緒に煮込みやわらかくなったものを食べると良いでしょう。

 

下痢の時は脱水症状になりやすいので、お餅と他のお野菜を一緒にお出汁でやわらかくお雑煮のようにして食べれば、水分も同時に取れて効果的です。

 

よく水分補給にスポーツドリンク(イオン飲料)をと言われますが、実は胃腸炎の治療には適しません。

 

市販のスポーツドリンクは(イオン飲料)のほとんどは、塩分がくすなく糖分が多いため、いくら飲んでも喉が渇き、塩分は少なく水だけが多くなります。

 

「胃腸炎の治療には点滴と同等の治療効果がある経口補水液がお勧めです。」

 

スポーツドリンクはスポーツ時の断水症の予防のためのもので、下痢や嘔吐の時の経口補水液とは組成が違います。

 

下痢嘔吐の時には消化液も失われます。

 

消化液の中には水分・ナトリウム・カリウムなどが含まれており、それらが失われることにより、体液の電解質のバランスの崩れた状態になってしまいます。

 

ですので、スポーツドリンク(イオン飲料)ではますます体液のバランスが悪くなり、極端な場合、けいれんを引き起こすことも有ります。

 

ポカリとOS1の成分を比較してみました。

・100ml当たりのエネルギー

スポーツドリンク(ポカリ)  25kcal

 OS1 10kcal

・100ml当たりの炭水化物

スポーツドリンク(ポカリ)6.2g

 OS1 2.5g

 

・電解質濃度ナトリウム(Na+)

スポーツドリンク(ポカリ)21mEq/l

 OS1 50mEq/l

 

・カリウム(K+)

スポーツドリンク(ポカリ)5mEq/l

 OS1 20mEq/l

 

・カルシウム(Ca2+)

スポーツドリンク(ポカリ)1mEq/l

 OS1 0mEq/l

 

・マグネシウム(Mg2+)

スポーツドリンク(ポカリ)0.5mEq/l

 OS1 2mEq/l

 

・塩化物イオン(Cl-)

スポーツドリンク(ポカリ)16.5mEq/l

 OS1 50mEq/l

 

mEq/l(イクイバレント パー リットル)・・・電解質の粒が1Lあたりどれくらい有るかを表す。

Sponsored Links