「胃腸炎の症状で大人は寒気や発熱、吐き気?食事は?」

 

大人になると細菌やウィルス性などの胃腸炎と仕事や人間関係、生活環境でのストレスで胃腸炎と2種類あります。

 

Sponsored Links

細菌やウィルス性の時は発熱や吐き気などを伴いますが、ストレス性の時は激しい胃痛が人によっては起こります。

 

ウイルス性胃腸炎の症状は軽い?胃痛?食事はバナナ?

 

見分け方としてストレス性の時は状況や考え方などで痛みを生じます。

 

失敗や仕事や苦手な人に会うなど、それぞれの人が感じるストレスに対して痛みを生じます。

 

そして、その恐怖でまた痛みを生じたりとストレスをどう捉えるかで胃痛などが起こります。

 

対処法として、市販に販売している薬など薬剤師の方と相談し服用してください。

 

それでも治らない時は病院での診察を受けてみましょう。それと違い感染性は食事や看病などの2次感染などで発症します。

 

なので、ストレス性と違い自宅や病院などでの4〜5日間の療養が必要となり、発熱などを伴うため早めに病院での診察をしましょう。

 

初期の段階では判断が分かりにくいかもしれません。自己判断は体力を弱めてしまう恐れがあります。無理せず、心配な時は早めの受診が良いでしょう。

 

胃腸炎の症状は?大人は寒気や発熱や吐き気?

大人がなる胃腸炎では、それぞれどのような症状が出るでしょうか?

 

ストレス性の時、症状はそれぞれで、胃腸の時は自律神経が不安定となり過剰に胃酸が出ることによって胃痛が発生します。

 

なので、胃酸を抑える薬が良く飲まれたりします。ほかにも、腸の動きが激しくなり下痢をすることもあります。

 

この場合、「また、なってしまうかも。」と不安になっても下痢になってしまいます。どちらの場合の胃痛や下痢と言ったものになり、発熱などは起こりません。

 

ただし、胃痛が激しい時は食べ物によっては吐き気を覚えることもあるでしょう。しかし、薬として漢方薬や市販の薬で対応ができます。

 

感染性の胃腸炎は、ストレス性の時と同じで初めは胃痛から始まりますが、次第に微熱の発熱と吐き気が伴うようになります。

 

潜伏期間もあるので通常はストレスによる胃痛や胃炎と勘違いをしてしまします。

 

しかし、次第に吐き気など起こり発熱もしてくるのでストレスで起きているのではないことに気が付くでしょう。

 

しかし、ストレス性の胃腸炎はほっておくと入院をすることになりかねないので、少しでも胃痛が起きたのならばお医者様に見てもらいましょう。

 

吐き気や寒気、発熱の対処法とは

吐き気のある場合は、胃痛も伴い苦しいと思われます。そして、水分も不足をしてくるので苦しいですが水分補給も必要になります。

Sponsored Links

 

経口補水液やスポーツドリンクなどで補給をしていきましょう。吐き気に続いて発熱があると思います。

 

ストレス性の胃腸炎は起きることが無いと思いますが、感染性の胃腸炎の場合は発熱が起こります。

 

高熱では無く38度から微熱の37度前後が出るため食欲も減る為、体力が減っていくので、なるべく減らないようにしないといけません。

 

体力がないと胃腸炎の治りが遅くなってしまいます。ストレス性の胃腸炎は吐き気と食欲がなくなるので体力が減りますが、発熱が出ることがないので温かく消化の良いものを食べましょう。

 

おかゆや雑炊などが良いでしょう。一般におうどんが良いと思われていますが、消化が良くないので弱った胃腸には負担がかかります。

 

体が温まり消化が良いものでないと体力が減っている時などは特に食欲が無くなります。なので、胃腸には負担が少ない食べ物が良いでしょう。

 

胃腸炎に最適な食事法とは

先ほども話しましたが、胃腸炎になった時は食欲と体力が減ってきます。消化の良いもので体が温まるモノが良いでしょう。

 

症状が落ち着いてきたらまずはリンゴの擦り下ろしたものやバナナなど消化が良く、バランスを崩した胃腸の調子を良くしていきましょう。

 

リンゴの擦り下ろしたものでしたら水分も効率よく補給が出来るので良いでしょう。体力が戻ってきたら少しずつ食事をしていきましょう。

 

ヨーグルトなど消化に負担無く、腸の調子を整えていくようにしましょう。食事などは完全に元気になってからにしないと、この時に通常の食事をするとまた胃痛や下痢を繰り返してしまいます。

 

だんだんと食事をしていくようにしましょう。

 

お粥やお餅などもよいでしょう。少し前まではお餅は胃腸に負担があるので避けた方が良いと言われていましたが、おみそ汁などに入れて食べると体が温まり柔らかいので胃腸には負担が少ないです。

 

逆に体か温まるので良いとされていた「うどん」は体力がない時に負担がかかり、消化を悪くするのであまりお進めではないです。

 

体力が戻り通常の食事に戻す際にうどんから食べていくのは良いと思います。どんな時もたくさん食べず、1口2口でもいいので少量から食べていくと良いですね。

 

気を付けないといけないのは、無理に食べず水分補給を忘れずに食欲が出てくるようになってから食事はしていきましょう。

 

胃腸炎による胃のむかつきや胃痛、胃の不快感にはイツラックがおすすめ!?

 

Sponsored Links