「胃腸炎の症状で大人!寒気や発熱に吐き気?関節痛も?」

 

多くの場合は安静に過ごしたり、市販薬を服用したりすることでなりますが、症状によっては医師の診断が必要な場合もあります。

Sponsored Links

 

夏場はO-157などの細菌性の急性胃腸炎、冬場はロタウイルスなどのウイルス性急性胃腸炎が流行りやすいといわれています。

 

夏場の食中毒の原因の多くはこの細菌性のものが原因で、一般的にウイルス性に比べ、細菌性の物のほうが症状は重篤です。

 

逆にロタ、ノロ、アデノウイルスなどの急性胃腸炎は「お腹に来る風邪」とも言われ、子どもがかかりやすいといわれています。

 

胃腸炎の症状とは?大人編

一般的に嘔吐は胃炎、下痢は腸炎が原因と言われています。

 

冬場のウイルス性の胃腸炎では、咳や鼻水などの最初は風邪かなというような症状が出るようです。

 

そのほかには胸やけ、むかつき、嘔吐、腹痛、発熱などの症状が出ますね。

 

下痢や水様便などで血便を呈する事もあり、この時特に注意しなければならないのが、脱水症状です。

 

「水様性の下痢便はウイルス性の場合の特徴です。」

 

下痢や嘔吐により水分喪失が起き、飲水ができず、さらに発熱により不感蒸拙の増加も有りますので全身倦怠感やぐったりした時などは早めに医療機関を受診することが望まれます。

 

関節痛の症状も?寒気や発熱、吐き気の症状や対処法

症状が重いと高熱による関節痛、ショック症状(血圧低下や意識障害)を起こすこともあります。

 

【二次感染を防ぎ、早く治すには?】

急性胃腸炎の病原微生物は口から感染しますので、食事前や、帰宅時は必ず流水で手洗いをする習慣をつけましょう。

 

急性胃腸炎の症状!大人は熱?点滴は?会社を休む?

 

ノロ、ロタ、アデノウイルスは消毒薬に対する抵抗性が比較的強いので、やはり石鹸と流水での丁寧な手洗いが予防の基本です。

 

また、手洗いは手のひらだけを洗うのではなく、手の甲、手首、爪の間、指の股なども丁寧に石鹸を付けて洗いましょう。

 

食べ物は十分加熱してから食べるように心がけ、特に暑い時期には過熱はもちろん、保存方法にも気をつけましょう。

 

便や吐瀉物を片づける際は使い捨てのビニール手袋を使い、汚物はビニール袋に入れ、口をしっかり密封して廃棄しましょう。

 

嘔吐物が乾燥すると周囲に拡散し、歩行などによって空中に舞い上がり、それが体内に入り感染を起こします。

 

直ぐに拭き取り、消毒を行う必要があります。汚れた可能性のあるものは次亜塩素酸ナトリウムで消毒しましょう。

Sponsored Links

 

次亜鉛酸ナトリウムは、家庭用の塩素系漂白剤(ハイター)などに使用されています。

 

塩素系漂白剤を50倍に薄めたものを嘔吐物や吐瀉物の拭き取りに使用し、250倍に薄めたものをトイレの便座やドアノブなどの消毒に使うと効果が有ります。

 

早く治すためには4つのポイントがあります。

①水分を取る

嘔吐や下痢により体の水分が奪われ脱水症状を起こさないためにも、体への吸収が良いスポーツドリンクか水を飲みましょう。

尿が出ない、のどが渇く、唇が乾燥するなどは脱水症状の初期症状ですので、早めの対処が必要です。
もし吐き気がひどく水分が取れない場合は早めに医療機関にかかりましょう。

 

②吐き気止め、下痢止めを飲まない

急性胃腸炎の場合、有毒なものを体外に排出しようとするため防衛反応の下痢、嘔吐なので、吐き気止め・下痢止めの薬を飲むと逆に有毒なものを体内に留めてしまい症状を長引かせてしまいます。

 

吐き気・下痢がひどく、薬をどうしても飲みたい場合は、乳酸菌を主成分とする整調剤を処方してもらうと良いでしょう。その際、自己判断せず医師の診断を仰ぎましょう。

 

③食事を控える

下痢が続くときはリンゴのすりおろしや人参の煮つぶしスープを飲むと下痢が止まることがあります。
リンゴは洗って皮や種を除きすり下ろすだけ、人参は洗って皮をむき、小さめに切って煮込み薄い塩味をつける。

 

リンゴにはペクチンという物質が含まれており、これが海綿のような役割をし、便が柔らかい時には糞便中の水分を吸い上げ、形ある状態にしてくれます。

 

逆に便が固い時はペクチンが吸っていた水分を吐き出し、便を軟らかくしてくれます。リンゴは下痢にも便秘にも効く食品なのです。

 

嘔吐や下痢の症状が治まっても急に普段の食事をとってはいけません。おかゆなどの消化に良い物を少量ずつ、1日に5回から6回に分けて食べると良いでしょう。

 

脂肪の多い食事や繊維質の多い野菜、お菓子などは下痢を起こしやすいので避けましょう。水分は胃腸を冷やさないように温めたスープや温かいお茶を摂りましょう。

④スポーツドリンクは避ける

アクエリアスはNa濃度が低すぎ、ポカリスエットは浸透圧が高過ぎて胃腸炎には適していません。中等症の脱水時には経口補液療法が点滴と同等の効果があると証明されていますが、日本では以下の3商品のみです。

 

・ソリタT2顆粒
・OS-1
・アクアライトORS

 

この順に治療効果が高く安価ですが、この順に不味いです。スポーツドリンク代わりの「電解質液」も自宅で作ることができます。

砂糖 40g
塩  50g
100%果汁 150〜200ml
+水:800〜850ml(合計で1Lになるように)

Sponsored Links