Sponsored Links

「鼻づまりを解消!片方や両方は?温めるのは?」

 

鼻づまりの時って、頭がぼーっとしたり、集中力を欠いたり、口で呼吸するから口の乾燥が気になったらり、いろいろと小さなイライラが積み重なりますよね。

 

とにかく不快で鬱陶しい!鼻づまりが気になって眠れない!みなさんこう思ってます。

 

加えて、嗅覚に問題が出て、ガス漏れに気づかないとか、イビキに発展して「睡眠時無呼吸症候群」とか、重大な事態につながる可能性だってあります。

 

風邪やアレルギーの時に鼻づまりになることは多いですが、それ以外の時、なんの不調もないのにいきなり鼻づまりになることもあります。

 

そんな時は「耳鼻科に行こう」なんて思えないですよね。

 

でも小さなイライラが…。今回は鼻づまりの原因から考えて、それに基づいた治療法と解消法をお伝えします。

 

鼻づまりを解消する方法とは

まずは鼻づまりという症状の原因をはっきりさせて、それに対する効果的な治療法を述べていきます。

 

・ 鼻の粘膜が腫れている:

これは最も一般的な鼻づまりの原因です。

 

鼻の粘膜にある毛細血管が拡張している状態です。

 

風邪やアレルギーで炎症を起こして腫れている場合、ステロイドなどの抗炎症剤が有効です。

 

鼻水がサラサラしている場合は、鼻をかめば鼻水は除去できるので、鼻づまりの決定的な原因とは言えないことが多いです。粘膜が腫れて空気の通り道が狭くなっていることが問題です。

 

・ 副鼻腔に鼻水がたまっている:

鼻の粘膜が細菌に感染していると、鼻水が黄色や緑の粘性のあるものに変化します。

 

粘性がある鼻水は副鼻腔という鼻のより奥側の空洞にたまり、その存在だけで鼻づまりに感じることが多いです。

 

この時は鼻の粘膜も同時に腫れています。薬で細菌感染症を治します。

 

・鼻中隔湾曲症:

鼻の右と左を分けている壁(鼻中隔)が湾曲して、空気の通り道を狭くしている状況です。

 

思春期頃に成長とともに鼻中隔が湾曲する人がいます。根本的な治療は外科的手術になります。

 

・鼻茸(ポリープ)がある:

鼻の奥、副鼻腔の入り口にできるポリープを鼻茸(はなたけ)と言います。

 

アレルギーや喘息の人にできやすいです。内服薬で小さくなる、消える場合もありますが、最終的に手術することも多いです。

 

これらが代表的な鼻づまりの原因と治療法です。最も多いのが粘膜の腫れ。これは抗炎症剤の内服薬か点鼻薬が一般的です。

 

片方そして両方の鼻づまりを解消する方法

鼻づまりの原因である粘膜の腫れの治療は薬で、と上で述べましたが、風邪でもアレルギーでもないのに、粘膜が腫れることがあります。

Sponsored Links

 

これには薬が絶対に必要なわけではありませんよね。健康なのにあまり薬は飲みたくないです。

 

薬以外の手軽な解消法をお伝えします。

 

横になって寝ている時、片方の鼻だけがつまっていることを経験したことはありませんか?

 

これは片方の鼻の粘膜が腫れているから、つまり、毛細血管が拡張しているからです。

 

こんな時、つまっている鼻の側を上にして、横を向いて寝てみましょう。

 

すると拡張している血管にある血液が、重力で下がろうとして、結果、腫れが引き鼻づまりが解消されます。

 

下にしている側の鼻がつまってきたなと感じたら、寝返りをうって逆を向きましょう。

 

これを何度か繰り返すと、もともとの血管拡張自体が治まってきて、鼻づまりが解消されます。

 

もう一つ、鼻づまりの手軽な解消法を。これは片方ではなく、両方の鼻づまりを解消できます。

 

それは軽く運動することです。人間には自律神経という、無意識の状態でも体調を整えれるようコントロールする神経があります。

 

その自律神経は緊張・興奮している状態に働く「交感神経」と、リラックス時に働く「副交感神経」の2種類があります。

 

毛細血管が拡張しているときはリラックス状態の副交感神経が作用しています。

 

逆に毛細血管を収縮させるのは緊張・興奮の交感神経です。

 

「軽い運動」は適度に交感神経を刺激して、適度な緊張・興奮状態にします。すると毛細血管は収縮するのです。

 

最も手軽で効果的な鼻づまり解消法は、軽く運動することなのです。腕立て伏せや腹筋運動なら、お部屋の中でも手軽にできますよね。

 

鼻を温めるのは鼻づまりに効果的

鼻づまりの時は「温かいタオルを鼻にかける」とか、「お風呂で湯気を鼻で吸う」とか、温めると良いとよくいわれます。

 

結論から言えば、効果がある場合とない場合の2タイプあるのです。

 

冷たい空気や乾燥した空気を突然感じると、鼻は毛細血管を拡張させて、空気の通り道を狭めようとします。

 

そうすることで鼻から吸う空気の温度をあげたり、湿り気を与えたりしようとするのです。

 

これだけの状態であれば、鼻を温めると狭まった空気の通り道が元に戻り、鼻づまり解消となるのですが、前述の自律神経が緊張・興奮状態にある時、つまり交感神経が作用しすぎている場合に温めると、一気にリラックスの副交感神経が作用して、毛細血管はさらに拡張して鼻づまりは治りません。

 

このように交感神経が作用しすぎている原因は、体全体が寒さを感じていて、緊張状態として血管を収縮させていることが考えられます。

 

こんな時は、鼻だけでなくて、全身をゆっくりと温めて、交感神経と副交感神経のバランスを取るとよいですね。

Sponsored Links