「鼻風邪で体がだるい?吐き気や嘔吐も?」

 

あなたも一度は風邪をひいたことがありますよね?

 

Sponsored Links

そんな風邪ですが、正式名称は『風邪症候群』といいます。

 

そんな風邪ひいたことは誰もがあるかと思いますが、もちろん風邪は予防することが出来ます。

 

子どもでも大人でも、風邪をひきやすい人と風邪をひきにくい人がいますよね?

 

それにはやはり風邪をひきやすい生活を送っているか、風邪をひきにくい生活を送っているかが大きく関わってきております。

 

今回は、そんな風邪について、特に鼻風邪について詳しくご紹介していこうと思います。

 

例えば、鼻風邪になる原因や症状はどのようなものなのか?であったり、鼻風邪の予防法はどのようなものか?であったり、鼻風邪の症状で体がだるくなったときや吐き気、嘔吐のときにはどうすれば良いか?といったことなどについて詳しく解説していきますね。

 

鼻風邪になる原因や症状とは

鼻風邪になる原因としては、鼻や喉が微生物に感染することによって引き起こるといわれております。

 

その微生物というのはほとんどがウイルスなので、そのウイルスを体の外に追い出そうとする働きとしてくしゃみや鼻水などの、鼻風邪をひいたときに起こる一般的な症状が現れるのです。

 

そのウイルスを体外に追い出そうとする免疫の働きがより活発になっていくことによって『発熱』が引き起こると言われております。

 

また、おたふく風邪や水疱瘡などのように一度感染したら抗体が出来て感染することはなくなる、ということもありません。

 

おたふく風邪の症状は?ワクチンの効果や副作用は?

 

水疱瘡の大人の初期症状とは?ピークはいつ?

 

鼻風邪のウイルスは200種類以上あると言われております。

 

なので、どのウイルスが風邪の原因となったかを特定することが出来ないのです。

 

さらにその同じウイルスの中にも様々な種類があって、さらにそのウイルスもどんどん変化していきます。

 

ですので、以前感染したウイルスに対しての抗体が出来上がったとしても、また別のウイルス、変化したウイルスに侵されることによって鼻風邪をひいてしまうということなのです。

 

鼻風邪の予防法とは

鼻風邪を予防するには、やはり『生活習慣を整える』ことが最も重要です。

 

まず一つ目に言えるのが『睡眠時間の確保』です。

 

睡眠不足になってしまうとストレスがたまり、免疫力も低下してしまいます。

 

ですから、睡眠時間を十分に確保して、免疫力を高めていくことが鼻風邪の予防になるということです。

Sponsored Links

 

二つ目は、『バランスの良い食事』を心がけることです。

 

ファーストフードやスナック菓子などを大量に食べていると、十分な栄養を摂ることができません。

 

特に風邪の予防になると言われているビタミンCやビタミンB1は、ファーストフードやスナック菓子からは摂取することができません。

 

ぜひ、バランスの良い食事を心がけるようにしてください。

 

そして三つ目は、『適度な運動』を行うということです。

 

適度な運動を行うことによって、新陳代謝を高めて、体温を上昇させてくれる働きがあります。

 

そうすることで全身に血液が行き渡りやすくなり、より免疫力も高まっていきます。

 

ですから、ぜひ適度な運動を定期的に行うように心がけるようにしてください。

 

そして四つ目が、『手洗いうがい』をしっかり行うということです。

 

やはり普段生活をしていると自然に空気中のウイルスを吸い込んだり、ウイルスが手に付着してしまいます。

 

ですから、帰宅した後や外食する前などは特に手洗いうがいを徹底するようにしましょう。

 

鼻風邪で首が痛い?リンパの腫れ?口が渇く!?

 

鼻風邪の症状で体がだるい?吐き気や嘔吐は?

鼻風邪をひいてしまうと、やはり大量に鼻水が流れてきてしまいます。

 

その鼻水が喉を通って流れ込んでいくと、その鼻水を異物とみなして吐き気を催してしまう可能性があります。

 

場合によっては嘔吐してしまうこともあります。

 

ですから、できるだけ鼻水は体内に入っていかないようにしましょう。

 

もし鼻風邪で吐き気や嘔吐などの症状が出てきてしまった場合には、鼻水が原因である可能性が非常に高いので、まずは鼻水を対策していきましょう。

 

できるだけ鼻水をかんで体内に入らないようにしていくことも重要ですし、病院に行って鼻水に効果的な薬を処方してもらうのも良いですね。

 

そしてとにかく栄養をしっかりと補給して、いち早く風邪を治すように努力することが重要です。

 

多くの方は風邪をひいたくらいでは学校や会社を休まないかと思います。

 

もちろん、無理やり休めとは言いませんが、いち早く治すにはしっかりと体を休めた方が効果的だということはぜひ頭に入れておいて頂ければと思います。

 

鼻風邪の治し方!5ヶ月目や二ヶ月の赤ちゃんは熱がでる?

 

Sponsored Links