「鼻風邪の治し方!5ヶ月目や二ヶ月目の赤ちゃんは熱がでる?」

 

多くの方が、1年に1回以上は鼻風邪を引くのではないかと思います。

 

Sponsored Links

もちろん、体調管理をしっかりと行われている方は1度も引かないかと思いますし、逆に体調管理を怠ってしまっている方は1年のうちに何度も風邪をひいてしまっているかと思います。

 

今回は、その鼻風邪について詳しくご紹介していこうかと思います。

 

例えば、以下のことを誰にでも分かりやすく解説していきますね。

・鼻風邪の予防法や治療法はどのようなものか?

・5ヶ月くらいの赤ちゃんや2ヶ月くらいの赤ちゃんの鼻風邪の症状や原因はどのようなものなのか?

・鼻風邪によって熱が出た時の対処法や予防法はどのようなものか?

 

鼻風邪の予防法や治療法とは

鼻風邪をひいてしまうのは、基本的に免疫力が低下している時だと言われております。

 

鼻風邪で体がだるい?吐き気や嘔吐も?

 

ですから、その免疫力を低下させないようにすることが鼻風邪を予防する上で非常に重要になってくるのです。

 

そんな鼻風邪を予防する方法としては、まず『食生活』を整えるということが重要になってきます。

 

例えば、1日に2食しか食べなかったり、間食をたくさんしてしまったり、偏った栄養バランスの食事ばかりしてしまったりすると、やはり免疫力は低下していきます。

 

鼻風邪を予防するためにはビタミンCやビタミンB1が特に効果的だと言われております。

 

ですから、多くのビタミンが含まれている食べ物を積極的に食べるようにしましょう。

 

ビタミンCやビタミンB1は果物に多くふくまれております。

 

また、果物以外で言えばジャガイモに多く含まれております。ぜひ、これらの食品を多く使った食事のメニューを取り入れてみてください。

 

そして、睡眠をしっかり取ることも免疫力を高めるためには重要だと言われております。

 

睡眠時間が減ってしまうと免疫力が低下しやすくなってしまいます。

 

さらに、睡眠というのは集中力を高めるためにも重要になってくるので、普段の生活の質を高めるためにも重要なのです。

 

健康のためにも睡眠時間はしっかりと確保するようにしましょう。

 

5ヶ月目や二ヶ月目の赤ちゃんの鼻風邪の症状や原因とは

我々は鼻風邪になってしまっても、自分で鼻水かむことができます。

Sponsored Links

 

しかし、赤ちゃんの場合は自分で鼻水をかむことができません。

 

ですから、お父さんやお母さんがその症状にいち早く気づいて、鼻水を取ってあげることが必要になってくるのです。

 

赤ちゃんの鼻水を放置してしまうと、鼻がどんどん詰まってしまい、呼吸しにくくなってしまいます。

 

ですから、赤ちゃんに負担をかけなうようにするためにもこまめに鼻水を取ってあげましょう。

 

鼻水をとる方法としては、口で直接吸ってあげても良いですし、最近では鼻水専用の吸引器もありますので、吸引器を使って吸ってあげるのも良いと思います。

 

とにかく、鼻水を放置しないようにしましょう。

 

また、鼻水を放置していると肌荒れにもつながると言われております。

 

鼻水は基本的に、ウイルスを体外に追い出すために働いているものですから、決して綺麗なものではありません。

 

その鼻水が鼻の中にいつまでもあると、粘膜を通じて肌荒れを引き起こしてしまうとも言われております。

 

ですから、できるだけ清潔に保つことを意識して、こまめに鼻水を吸引してあげるようにしてくださいね。

 

鼻風邪の症状で熱が出た時の対処法や予防法

鼻風邪のウイルスやインフルエンザのウイルスなどは、熱に弱いと言われております。

 

その熱に弱いウイルスの繁殖を防ぐための働きといて発熱が起こっているのです。

 

ですから、意味もなく熱が出ているわけではないということです。

 

ですから、無理に熱を冷まそうするのはそこまでよくないと言われております。

 

とにかく体を休めることが最も鼻風邪による熱を改善するためには効果的だと言われております。

 

そして、熱が出ると多くの汗をかくようになるかと思います。

 

汗をかくとやはり体内の水分は失われていくわけですので、必ずこまめに水分補給をしていくようにしましょう。

 

水分補給に用いる飲み物はスポーツドリンクが最も効果的だと言われております。

 

汗をかくことによって体の働きを保つための成分が多く失われていきます。

 

その失われていく成分に最も近いのがスポーツドリンクだと言われております。

 

ですから、ただ単に水を飲めば良いということでもないのです。

 

ぜひ、スポーツドリンクを飲んでしっかりと栄養をつけていってくださいね。

 

Sponsored Links