「肺気腫の寿命で30代や40代、50代、60代、80代は?」

 

あなたは肺気腫という病気をご存知でしょうか?

 

Sponsored Links

最近はテレビCMなどでも取り扱われる事があり、COPDなどとも呼ばれています。なぜ最近注目されているのかというと、近年肺気腫による男性の死亡者が非常に多くなってきており、今では男性の死亡原因の第3位なのです。

 

今回は、そんな肺気腫について詳しくご紹介していこうと思います。また、肺気腫になってしまった場合の治療法についても、解説していきますね。

 

肺気腫の寿命で30代・40代・50代は?

少し坂道を登っただけなのに息切れをしてしまう、という経験はないでしょうか。

 

もしあなたが長年の喫煙者であった場合、もしかするとその息切れは肺気腫が原因で引き起こっている可能性があります。

 

喫煙する事によって肺が少しずつ破壊されていき、息切れなどが激しくなってしまうのです。

 

ですから、喫煙者の方は特に注意が必要な病気と言えるわけです。

 

また、肺気腫というのは徐々に進行していく疾患として知られていますので肺気腫にかかった肺というのは徐々に膨らんでいき、進行が進むと日常生活にも支障をきたしてしまう可能性がある病気なのです。

 

そんな肺気腫ですが、はっきり言ってしまうとこの病気は不治の病なので、現代の医学では完全に治すという事は不可能なのです。

 

肺気腫はガス交換を行う肺の組織がタバコの有害物質によって破壊されてしまいますし、一度破壊された細胞というのは再生されないのです。

 

肺気腫は一般的には20年以上喫煙をしている方に多く見られる病気と言われているので、20代・30代くらいの方は『自分はまだ大丈夫』と思われてしまうかもしれません。

 

確かに日本の法律上、喫煙可能なのは20歳からですが、すべての人が20歳になってから喫煙しているかといえば、決してそういうわけではありません。

 

中には10代から喫煙をしてしまっている人もいるのが現状なので、一概に『何十代の方が危険です』とは言う事が出来ないのです。

 

また、1日に数本しか吸わない方もいれば、1日に数十本以上も吸ってしまう、いわゆるヘビースモーカーの方もいらっしゃいます。

 

ですから、その1日に吸っているタバコの量、そしてタバコのタールの重さなどでも肺気腫の進行具合は大きく異なってくるのです。

 

ただ、60代以上の方はそれなりに自分の健康について考えられている方も多いのですが、30代から50代の方の多くは『自分はまだ大丈夫』といった意識を持ってしまっていて、過剰な喫煙を行ってしまっている方も少なくないのです。

 

ですから、ぜひこの機会に今一度喫煙について見直して、少しでも長生きできるように改善してみてはいかがでしょうか。

 

肺気胸の症状で子供は?嘔吐?遺伝なの?痛み止めや治療費は?

 

肺気腫の寿命で60代・70代・80代は?

タバコを何十年も吸い続けていると、禁煙するのは非常に辛いと思いますし、タバコを吸わないことがストレスになってしまうという方も多いかと思います。

 

しかし、肺気腫はタバコを吸い続けている限り進行していく病気ですから、禁煙をしないことには寿命を延ばすことも出来ないのです。

Sponsored Links

 

特に60代以上になってくると、おそらく多くの方が20年以上もの期間喫煙をしてきているということになると思いますので、それなりに肺の細胞も多く破壊されてしまっている状況かと思います。

 

これは意外と知られていないことでもあるのですが、肺がんや肺気腫などの病気による末期患者の方の死亡原因というのは、大半が『窒息死』だと言われています。

 

つまり、細胞が破壊されることによって呼吸機能も低下してしまい、最終的に生きていくために必要な酸素を取り込むことが出来なくなってしまうという事です。

 

60代以上にもなると、喫煙により多くの肺の細胞が破壊されている可能性が高いので、もし現状の段階で息切れなどが激しく起こるという場合でしたら、おそらく10年以上生きる事は難しいと言わざるを得ません。

 

そして、その破壊された細胞を元通りに戻す事も現状の医療では難しいので、とにかく進行を防ぐという方法しかないのです。

 

ですから、少しでも長生きをしたいとお考えなのであれば、一刻も早く禁煙をして、肺の細胞が破壊されるのを防ぐようにするしかないという事です。

 

確かに今まで何十年も吸い続けてきたタバコをいきなり辞めるというのは難しい事ですし、相当なストレスを感じてしまうと思います。

 

しかし、その喫煙によって今までの間に肺の細胞を破壊してきたというのは事実なのですから、受け止めるしかありません。

 

今後、少しでも健康に長生きしたいというのであれば、現実を受け止めて、少しずつ喫煙の量を減らす努力をしてみてください。

 

肺気腫の治療法とは

肺気腫は、一度発病してしまったら病気の進行を遅らせることしか出来ません。

 

つまり、肺気腫は治すことができない病気なのです。

 

ですから、治療法といっても『いかに進行を遅らせるか』といった目的の治療しか行うことができないということです。

 

肺気腫の初期段階では、主に肺の空気が出入りしやすくなるように『気管支拡張薬』を用いたり、痰を出しやすくする薬を服用したりなどの治療があります。

 

そして、日常生活で出来るだけ息切れしないように健康的な体作りを行うという事も治療の一つとして存在しています。

 

肺気腫になると肺機能が低下して、健康的な方よりもすぐに息切れしてしまう傾向にあるのです。

 

ですから、出来るだけ体力を付けて呼吸が荒くならないようにトレーニングをしていく必要があるということです。

 

運動不足の方は、肺気腫ではなくてもすぐに息切れしてしまう傾向にありますので、しっかりと体力をつける必要があります。

 

特に肥満体型の方に関しては、ダイエットをすることによって呼吸筋の働きが改善されますので、呼吸を楽に行うことができるようになるのです。

 

肺気腫の方でも、肺気腫になっていない方でも、適度に運動を行って体力をつけることは非常に大切ですし、健康的な体作りを行うことによって肺気腫の進行も防ぐことが出来ますのでお勧めです。

 

やはり喫煙は体に大きなダメージを与えてしまいますし、何より症状を改善することができないので、取り返しのつかないことになってしまいます。

 

ですから、この機会にもう一度喫煙について見つめ直してみてはいかがでしょうか。

 

Sponsored Links