Sponsored Links

「肺気胸の症状で子供は?嘔吐?遺伝なの?痛み止めや治療費は?」

 

あなたは、肺気胸という病気をご存知でしょうか?

 

肺気胸というのは、肺に穴があいてしまい胸腔や縦隔に空気が漏れだしてしまう状態のことを指します。

 

この肺気胸というのは、若年成人男性に多く見られると言われていて、その中でも特に痩せ型の方に多く見られる病気の一つなのです。

 

今回は、そんな肺気胸について詳しくご紹介していこうと思います。

 

肺気胸の症状で子供は?嘔吐はある?

冒頭で説明した通り、肺気胸は痩せ型の若年成人男性に比較的多く見られる病気として知られています。

 

ただ、必ずしも若年成人男性だけに発症する病気というわけではなく、場合によっては子どもにも発症する可能性がある病気なのです。

 

肺気胸になってしまった場合、非常に胸が苦しくなってしまいますので、子どもの場合は特に親に相談した時に心配されてしまう事が多いかと思います。

 

胸が痛むというと、最悪の場合心臓病をイメージしてしまう保護者の方も多いと思いますし、もし心臓病であれば最悪の場合は死に至る可能性さえあるわけですから当然です。

 

ですから、もし肺気胸の症状として見られる胸の痛みを子どもが訴えてきた場合には、早急に病院へ行って診察を受けるようにしましょう。

 

また、肺気胸の場合は継続的に胸が痛いというよりは、一旦痛みが治まるというケースも少なくないので、保護者の方も『大した病気ではないだろう』と勘違いしてしまう事がよくあります。

 

しかし肺気胸というのは胸腔内に空気が侵入してしまうわけですから、当然肺も圧迫されてしまうのです。

 

そうなると、肺が機能障害を起こしてしまって貧血や血圧の低下、そして胸の痛みなどの症状がひどくなっていく可能性が高くなります。

 

こういった症状も放置しておけば、最悪の場合呼吸困難を起こして、命に関わる事態を引き起こす可能性も考えられますので、注意が必要です。

 

また、肺気胸には『自然気胸』といって、特に何もしていないのに自然に発生してしまうという事も稀に起きると言われています。

 

ただ、この自然気胸は喫煙している方に多く見られるものなので、子どもに起きる可能性はそこまで高くないと言われています。

 

肺気胸になってしまった場合、呼吸をするのも大変になってしまい、気分が悪くなって吐き気を催す場合がありますので、もしそういった症状が実感できたらすぐに病院へ行くようにしてください。

 

肺気胸の症状は遺伝なの?

そんな肺気胸ですが、特に自然気胸の場合は特に何もしていなくても発症する可能性があると言われています。

 

『という事は遺伝が関係しているの?』と思われてしまった方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、基本的に肺気胸は遺伝する病気とは言われていません。

 

しかし、親が肺気胸になり、子どもも肺気胸になるというケースは少なくないのです。

 

では、遺伝が関係していないのになぜ家族で肺気胸にかかってしまう事があるのか。

 

それは、生活習慣が似ているからという事が大きな原因の一つと言えます。

Sponsored Links

 

同じ家で暮らしていると、食べるものや飲むものなどがほとんど一緒になりますよね。

 

そういった食生活に傾きがあると、健康に悪影響を与えてしまい、最悪の場合肺気胸という病気を引き起こしているという可能性が考えられるのです。

 

また、自分はタバコを吸っていないのに親がタバコを吸っているので、副流煙を知らず知らずのうちに吸い込んでしまっていて、気が付いたら肺気胸になってしまっているというケースも決して少なくないのです。

 

ですから、もし両親がタバコを吸っているという場合や、子どもがタバコを吸っているという方は、特に気をつけるようにしてください。

 

タバコというのは実は副流煙の方が体に悪影響を与えるニコチンなどの物質が多く含まれているのです。

 

タバコを吸う人はフィルターを通して煙を肺に入れているので、実はそこまで体に害のある物質が体内に入っていないのです。

 

それに対して副流煙というのは、一切フィルターを通していませんので、もろにダメージを受けてしまう可能性が非常に高いという事です。

 

ですから、『自分はタバコなんて吸ってないから肺気胸になる可能性も低いでしょ』と思い込んでしまっていると、知らず知らずのうちに肺にダメージを与えてしまっている可能性がありますので、気をつけるようにしてください。

 

最近では飲食店などでも禁煙のお店が増えたり、分煙のお店なども多くなってきていますので、禁煙者にやさしい環境にはなってきています。

 

ですが、それでも副流煙を吸ってしまう可能性は決して低くないので、気をつけながら日々の生活を送るようにしてみてください。

 

肺気胸の痛み止めや治療費は?

では、もし肺気胸になってしまった場合にはどのようにすれば良いのか?

 

まず、優先順位としてはまず必ず病院へ行き、診察を受けるようにしてください。

 

肺気胸の症状というのは胸が苦しくなるという症状が最も分かりやすい症状の一つなので、一見自分が何の病気になっているのか分からない傾向にあります。

 

もし心臓病などであれば非常に危険な状態ですし、当然肺気胸の場合でも放置しておけば最悪の場合死に至る可能性がありますので、まずは病院へ行って診察を受けるようにしてください。

 

そして基本的に肺気胸の場合は痛み止めなどは市販で販売されていませんので、病院で鎮静剤を投与してもらう事になります。

 

点滴で投与してもらう事ができますし、肺気胸は安静にして過ごす事が早く治すために最も重要な事でもあるので、点滴は最もお勧めです。

 

そして肺気胸で入院をした場合の治療費ですが、仮に手術になってしまった場合には、約56万円ほどがかかると言われています。

 

しかし国民健康保険が適用されれば3割の負担となりますので、実際に支払う金額というのは約18万円ほどで済むと言われています。

 

一見非常に高額に感じてしまうかと思いますが、肺気胸というのは放置しておくと命に関わる可能性もある非常に危険な病気の一つなのです。

 

そして何より肺に穴が空いていると言う事で呼吸がうまくできずに非常に辛い思いをしなければなりません。ですから、もし肺気胸のような症状が現れた場合にはすぐに病院へ行くようにしてください。

 

Sponsored Links