Sponsored Links

「排便反射機能!円進路や交感神経との関係性」

 

排便反射は、便秘を改善していく上で非常に重要な役割を果たしております。

 

便秘を改善するためには、便意を催す必要が出てきます。

 

しかし、便秘の人はその便意自体がない状態に陥ってしまっていますよね。

 

それは色々な原因があるのですが、最も大きな原因としては腹筋が弱いということが挙げられます。

 

腹筋が弱いと、腹圧も弱くなってしまい、便を排出する力まで弱くなってしまうと言われております。

 

ですから女性が便秘になりやすいのも腹筋が男性よりも弱い傾向にあるからということなのです。

 

そんな便秘と大きな関わりを持っている排便反射について、今回は詳しくご紹介していこうと思います。

 

例えば、排便反射の機能や遠進路についてだったり、排便反射の機能と交感神経の関係性についてだったり、自律神経のバランスを整えて便秘を解消する方法だったりを、詳しくお話ししていこうと思います。

 

排便反射の機能!遠進路とは?

排便反射は、大脳から出る刺激によって起きるものだと言われております。

 

そうすることで初めて便意を催すことになり、大腸の排便筋肉力という、力んで腸の筋肉を収縮させる働きを起こすことが出来るようになるのです。

 

ですから、排便反射がなければ便を排出できなくなってしまうといっても過言ではないくらい、排便反射は重要なものになってくるということなのです。

 

便秘になってしまった場合、まず食生活を改善して、腸内環境を良くしていく必要があります。

 

そして運動もしっかりと行い、代謝を良くして血行を良くする必要も出てきます。

 

これらを行った場合には大抵便秘を解消することが出来るのですが、重症の方の場合には便意を催すことができない方もいます。

 

そういった場合には、下剤や座薬を用いて便意を引き出すという方法を使わなくてはならなくなります。

 

実際、薬を用いることによって便秘を解消することは出来るのですが、便秘になりにくい体にしたり、排便反射の機能を回復させていくために効果的な手段ではないと言われております。

 

ですから、できれば食生活の改善や運動をしっかりと行うことによって、健康的な体を作っていくことによる便秘の改善が最も効果的だということになるのです。

Sponsored Links

 

排便反射の機能と交感神経の関係性とは?

排便反射というのは基本的に、副交感神経が優位な状況だと活性化して、交感神経が優位な状況だと、抑制されると言われております。

 

どういうことかと言うと、これ小学生の頃の修学旅行であったり、海外旅行に行った際などに多くの方が経験したことがあるはずなのです。

 

小学生の頃の修学旅行であったり、海外旅行に行った際というのは、あまり便意を催さなかったという記憶がありませんか?これこそ、交感神経が優位になっている状況だということです。

 

つまり人間の体は、ストレスや緊張によって交感神経が働くと便意を催さなくなる、つまり排便反射の機能が低下するということなのです。

 

旅行に行った時は、なぜか便意を催さなくなってしまい、家に帰ってきた途端に便意を催すということが多いかと思います。

 

これは人間として普通のことだという事なのです。

 

つまり、普段の生活でリラックスをして普通に便意を催す時というのは、副交感神経が優位な状況になっていて、排便反射の機能も高まっている状態であるという事なのです。

 

自律神経のバランスを整えて便秘を解消する方法

排便に関する自律神経の働きというのは、実は未だに科学的な解明がされていない状況でもあります。

 

しかし、先ほども説明したように、周りの環境によって大脳から発せられる刺激というのは大きく異なってくるとも言われているのです。

 

ですからやはり、排便反射の機能を高めたいのであれば、出来るだけストレスを溜め込む生活、極度の緊張が続いてしまうような生活というのは出来るだけ避けなくてはならないという事になります。

 

ストレスや緊張というのは、排便反射だけでなく、その他の健康面でも大きな悪影響を及ぼしてしまうと言われていますので、出来るだけ溜め込まないようにしていきましょう。

 

睡眠不足になってしまったり、食欲が低下してさらに体調を崩しやすい体になってしまう可能性もあります。

 

もし仕事でそのようなストレスが溜まり続ける状況、緊張が続く状況ばかりなのであれば、無理をせずに休みを取るようにしてください。

 

リラックス出来る事を見つけたり、一週間の内でストレス発散に当てる日を1日必ず設けたり、必ずどこかでそれらを発散できる環境を作るようにしていきましょうね。

 

Sponsored Links