「排便反射とは?メカニズムは?低下するとどうなる?」

 

近年、女性を中心に便秘の人、便秘になりやすい体質の人が増えてきていますよね。

 

Sponsored Links

その原因としてはやはり、無理なダイエットをする人が増えた事が最も大きな原因だと言われております。

 

無理なダイエットをしてしまうと、栄養バランスも悪くなりますし、代謝も悪くなって腸内環境が悪化する事から便秘が引き起こりやすくなってしまうのです。

 

そしてその便秘と大きな関わりがあるのが『排便反射』というものです。

 

今回はこの排便反射について、詳しくご紹介していこうと思います。

 

例えば、排便反射についてだったり、排便反射が低下するとどうなるのか?であったり、排便反射を促進するにはどうしたら良いのか?だったりを詳しく解説していきますね。

 

排便反射とは?メカニズムを解説!

排便反射とは、便を排出する為に自律神経によって行われる働きの事をいいます。

 

排便反射機能!円進路や交感神経との関係性!

 

人間は必ず便意を感じる事によってトイレに行こうという選択を下しますよね。

 

ですから、この便意こそが排便反射であるという事なのです。

 

この排便反射は排便を促進する働きでもあるわけですから、非常に重要な役割を果たしております。

 

逆に、この排便反射によって引き起こった便意を、無理に我慢しようとしてしまうと便秘を引き起こす原因となってしまいます。

 

排便反射は、腸にたくさんの便が溜まり、腹圧があがることによって、直腸壁が広がります。

 

それによって起きた刺激が脳に伝わることによって、校門の内側にある筋肉が緩むので、便意を催すことになるのです。

 

実は、排便反射には腹筋が関わっていると言われております。

 

腹筋が弱いと腹圧も弱くなるため、便意を感じにくくなって便秘になりやすくなるとも言われております。

 

ですから、女性が便秘になりやすいのは、男性に比べて腹筋が少ないからだとも言われています。

 

排便反射が低下するとどうなる?原因は?

排便反射は、腸内環境を良い状態でキープするためにも非常に重要な働きです。

 

排便反射は本来脳から送られてきて、無意識に便意を感じるもののですが、普段からトイレを我慢する事が多いかたは、排便反射が少なくなってきてしまいます。

Sponsored Links

 

出来るだけ便意を催したらすぐにトイレにいくようにしましょう。

 

排便反射も、自分のからだを健康に保つための働きなわけですから、極力我慢をするのは控えるようにしましょう。

 

もちろん、我慢をしなければならない機会というのは数多くあると思いますが、出来るだけ健康のためにも無理はしないようにしてくださいね。

 

排便反射を促進するには!?

排便反射を促進する方法としては、まずは便秘を解消していく事が最も効果的な手段です。

 

排便反射が低下するという事は便が腸に溜まりやすくなっている状態と言えます。

 

ですから、ある程度は強制的に便意を催すようにしていく事が必要となってきます。

 

そんな便秘を解消するための手段としてまず挙げられるのは、『下剤』を服用するという方法です。

 

下剤には、2種類の効果がある下剤があって、一つが、便を柔らかくして便の量を増やし、排便反射を促す方法の下剤です。

 

もう一つが、腸の粘膜を刺激する事によって腸の運動を高める方法の下剤があります。

 

この下剤は比較的手軽に使用する事が出来るということもあり、便秘になった人の8割以上がまずは下剤によって排便反射の促進を試みると言われております。

 

実際、下剤によって排便反射を促進して便秘を解消できる人も多くいますので、便秘の際はまず下剤を使ってみてくださいね。

 

そして次に排便反射を促進する方法として挙げられるのが『座薬』です。

 

座薬というのは、炭酸ガスを固形化したもので出来ております。

 

そのため座薬を肛門から入れると、直腸内で座薬が気化するので直腸が伸展するのです。

 

その刺激によって排便反射を促進していくことができると言われております。

 

そして三つ目に排便反射を促進する方法として挙げられるのが『浣腸』です。

 

浣腸は、グリセリンや石鹸水などを利用して、大体10CCから20CCくらいを肛門から注入することによって刺激を与え、排便反射を促進させることが出来るのです。

 

主にこれらの方法が、排便反射を促進するための方法として知られています。

 

しかし、やはり自然に排便反射が起きる健康的な体であるに越したことはありません。

 

そのためにも、日々の生活習慣を改善し、便秘になりにくいような食生活、運動習慣をうまく取り入れて生活していくようにしましょうね。

Sponsored Links