Sponsored Links

「不溶性食物繊維の多い食品とは!?」

 

便秘になった時には食物繊維を積極的に摂取すると、便秘の改善になる。という話は有名ですよね?

 

実際、食物繊維には腸内環境を整えてくれる働きがあるので便秘の改善には効果的です。

 

排便反射機能!円進路や交感神経との関係性!

 

ただ、そんな食物繊維には2種類あるという事をご存知だったでしょうか?

 

実は食物繊維の中には、不溶性食物繊維というものと、水溶性食物繊維というものの2つがあるのです。

 

そこで今回は、不溶性食物繊維について詳しくご紹介していこうと思います。

 

例えば、不溶性食物繊維とは何なのか?であったり、不溶性食物繊維の主な働きは何なのか?であったり、不溶性食物繊維の多い食品はどのようなものなのか?といった事について徹底的に解説していきますね。

 

不溶性食物繊維とは?

不溶性食物繊維とは、その文字の通り水に溶けにくいという性質がある食物繊維のことをいいます。

 

不溶性食物繊維は、水分を保持して便のかさを増やしてくれるので、排便を促してくれる効果があると言われております。

 

そしてそれだけでなく、発がん性物質などの腸内にある有害な物質を、体外に排出してくれる働きも持っているのです。

 

対して水溶性食物繊維は、保水性が高く、糖分の吸収速度を緩やかにしてくれる働きがあります。

 

そのため、食後に血糖値が急激に上がるのを防いでくれると言われております。

 

つまり、便秘を改善するために効果的なのはどちらかというと『不溶性食物繊維』だという事です。

 

不溶性食物繊維の主な働きとは?

不溶性食物繊維の主な働きとしては、先ほどお話ししたように『排便を促してくれる働き』、そして『腸内の有害物質を体外に排出してくれる働き』などがあります。

 

そんな不溶性食物繊維の中にも様々な成分が含まれております。

 

まず『セルロース』という成分です。

 

このセルロースというのは穀類の皮に多く含まれています。

 

セルロースは、我々人間が食事によって摂取する食物繊維の大半と言われております。

 

このセルロースは腸の中で有害物質を吸着して排出してくれる働きを持っています。

 

そして『ヘミセルロース』という成分も含まれております。

 

このヘミセルロースは腸内の善玉菌を増やしてくれる働きがあります。

 

そのため、便秘の予防であったり、有害物質の排出などに効果的だと言われております。

 

次に『ペクチン』という成分です。

 

このペクチンには水溶性と不溶性の二種類があります。最初は不溶性なのですが、成熟することで水溶性に変わると言われております。

 

このペクチンにも、腸内の有害物質を体外に排出させる働きがあります。

Sponsored Links

 

そして次に『リグニン』という成分です。このリグニンは、コレステロールの上昇を抑えてくれる働きがあると言われております。

 

そのため、腸内の善玉菌の増加にも効果的だということです。

 

そして次に『キチン』という成分です。

 

このキチンは、血圧やコレステロールの上昇を抑えてくれる働きがあります。

 

また、免疫力を高める働きもあると言われており、自然治癒力の向上にも効果的だと言われております。

 

不溶性食物繊維の多い食品とは?

不溶性食物繊維が多く含まれている食品をご紹介していこうと思います。

 

これらの食品を積極的に用いた食生活を送っていくことで、便秘は解消されていきますのでぜひ取り入れてみてくださいね。

 

それでは、不溶性食物繊維が多く含まれている順にご紹介していきます。

 

・インゲン豆

・ひよこ豆、

・おから

・あずき

・しその実

・くり

・エンドウ豆

・いんげん

・よもぎ

・こしあん

・しそ

・とんぶり

・栗

・パセリ

・大豆

・麦味噌

・米味噌

・グリーンピース

・酒粕

・うずら卵

・モロヘイヤ

・納豆

・松茸

・豆味噌

・高菜漬け

・あしたば

・枝豆

・エリンギ

・ラズベリー

・からし菜漬け

・ひきわり納豆

 

このようになっております。

 

ちなみにここでご紹介した食品は全て水分が40%以上含まれているものです。

 

水分が40%以下の食品ですと、キクラゲ、セン茶の茶葉、とうがらし、干し椎茸、抹茶、カレー粉、かんぴょう、ひよこ豆フライ、などに多くの不溶性食物繊維が含まれていると言われております。

 

ご覧いただくとお分かりいただけるかと思いますが、不溶性食物繊維というのは比較的『豆類』に多く含まれているということになります。

 

なので便秘になりやすい体質の方であったり、現在便秘で悩んでいる方などは特に、これらの豆類を積極的に食べて、腸内環境を整え、そして便秘を改善していって頂ければと思います。

 

便秘は大腸ガンを引き起こす可能性も少なからずありますので、できるだけ早く対処していきましょうね。

 

Sponsored Links