Sponsored Links

「動悸息切れの原因!効く薬は!?」

 

特に激しい運動をした訳でもないのに心臓の鼓動が激しく感じたり、息切れしてしまったりという経験をしたことはありますか?

おそらく多くの方が一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

 

当然激しい運動をすれば息切れなどは起こるのですが、そういった場合ではないのに動悸息切れが起こるときというのは、当然なんらかの問題が起きていることになります。

 

今回は、そんな動悸息切れがなぜ引き起こるのか、そして動悸息切れの対処法と効果的な薬についてご紹介していこうと思います。

 

動悸息切れの症状や原因とは?

激しい運動をしたわけでもないのに動悸や息切れが起きたり、血圧が上がったり、胸に圧迫感を感じたり、といった症状が現れることがあるかと思います。

 

これはなぜ起きているのかというと、ストレスによって交感神経が緊張してしまい、脈拍が速くなるのが原因だと言われています。

 

自律神経の乱れが原因となって起きる動悸息切れという事が出来ます。

 

つまり、動悸息切れの最大の原因は、『ストレス』ということになる訳です。

 

なぜストレスを感じることによって動悸息切れが引き起こるのかというと、ストレスを感じることによって交感神経が優位になるので、筋肉が固まり、その中を通っている血管が細くなってしまうのです。

 

ホースをイメージして頂ければ分かるかと思うのですが、ホースを握りながら水を流すと、水の勢いが増しますよね。

 

血管もホースと一緒で、細くなることによって勢いが速くなるのです。

 

ただし細くなっている訳ですから当然血液の流れが良くなっている訳ではありません。

 

そのため、流れにくくなった血管により多く血液を送り込もうと心臓が働いてしまい、動悸息切れが起きてしまうことになるのです。

 

ですから、動悸息切れはストレスを蓄積してしまう性格の方に多く見られるということになります。

 

特に女性の場合は生理前にメンタル的な負担が大きくみられるので、動悸息切れも多くなってしまう傾向にあるのです。

 

生理前に動悸や吐き気?PMSが原因?

 

当然女性だけでなく男性の場合でも、人間関係によるストレスであったり、仕事のストレスなどが溜まることによって動悸息切れが起きてしまう事もあります。

 

ですから、もし動悸息切れが起きてしまった場合には、慌てる事なくリラックスするようにしましょう。

 

筋肉が固まるのをほぐして血流を良くする事が重要なので、楽な姿勢になってリラックスするようにしてみてください。

 

動悸息切れに効く薬とは

動悸息切れが起きてしまったときには、楽な姿勢になってリラックスする事が重要ですが、当然それだけでは症状が治まらない場合もあります。

 

そういったときには薬を服用するようにすると症状が治まりやすくなるのでオススメです。

 

では、動悸息切れにどういった薬がオススメなのかというと、動悸息切れに効く薬として最も有名なのが、やはり『救心』です。

 

CMなどで救心をみた事がある方も非常に多いのではないかと思います。

 

救心は、階段や坂道の途中でよく息切れしてしまう方であったり、満員電車や人ごみの中でめまいや立ちくらみなどが起こってしまう方など、様々な場面で現れる動悸息切れに効果があると言われています。

Sponsored Links

 

救心が最も動悸息切れの薬として有名ですが、当然他にも動悸息切れに効果的な薬は存在しますし、これらの多くはドラックストアで購入する事が出来ますので、手軽に服用する事が出来ます。

 

ただし、動悸息切れが起きたからといって、誰にも相談する事なくいきなりドラックストアで購入した薬を服用してしまうのは危険です。

 

場合によっては他の病気が原因となって動悸や息切れが起こっている可能性も無いとは言えません。

 

ですので、ドラックストアの薬剤師に相談したり、時間に余裕がある場合は病院へ行って診察を受けて薬を処方してもらうようにしましょう。

 

万が一心臓や肺などに大きな病気があり、それが原因となって動悸息切れが起きていたのだとしたら、一刻も早い治療が必要となりますし、当然市販の薬でその病気を改善する事は難しいです。

 

ですから、優先順位としては、病院へ行って専門医の診察を受けるようにするのが最もお勧めです。

 

動悸息切れの対処法とは

もし動悸息切れが起きてしまった場合、具体的にどのような対処をしていけば良いのかが分からないという方も多いのではないかと思います。

 

まず基本的に、病院へ行って診察を受ける事が最優先です。

 

ただし、病院の検査でも異常が見られなかった場合は、ストレスによって交感神経が緊張してしまった事が原因という事になります。

 

なので、もし交感神経の緊張によって動悸息切れが起きてしまった場合には、動悸息切れの原因の根本である『ストレス』を改善する事が何よりも重要なのです。

 

ストレスを解消する事が出来れば、自律神経を整えて、副交感神経を優位にする事が出来るので、血行が悪くなる事もなくなります。

 

ただ、ストレスを減らすというのは決して簡単な事ではありません。

 

仕事のストレスやプレッシャーで太る?

 

いくらストレスを減らしたいと思っていても、そう思いすぎる事が逆にストレスとなってしまう場合さえあるくらいです。

 

ですから、もしストレスを減らす事が難しい場合には、自律神経の乱れを改善していく事が効果的と言えます。

 

自律神経を整える方法というのはいくつか存在するのですが、特に効果的なのが、『食生活の改善』と『お風呂に入る』という方法です。

 

まず食生活の改善で自律神経を整える方法ですが、特に効果的な食べ物は食物繊維が豊富な食べ物だと言われています。

 

食物繊維が豊富に含まれている食べ物というのは、腸の中をゆっくりと進んで消化されていく傾向にあります。

 

腸の中を食べ物が進んで行くときというのは、服交感神経が働くときでもありますので、ゆっくりと腸を進んで行く食物繊維が豊富な食べ物は自律神経を整える働きがあると言えるのです。

 

そしてお風呂の入り方を工夫する事によっても自律神経を整えてくれると言われています。

 

お風呂の温度としては、38度から40度くらいの若干ぬるいくらいの温度が効果的だと言われています。

 

あまり熱すぎてしまうとストレスを感じてしまうので、気持ち良いと思える温度で入浴するようにしてください。

 

そして食後1時間以上経ってから、あまり長風呂しすぎないようにちょうど気持ち良いと思える長さで入浴するようにしてみてください。

 

Sponsored Links