Sponsored Links

「クーラー病(冷房病)の症状で動悸や鼻水!ツボで治す?」

 

現代病のひとつでもあるクーラー病(冷房病)で起こる症状や緩和方法をお勧めします。

 

クーラー病(冷房病)の原因とは

「クーラー病」別名「冷房病」というものが日本に初めてお目見えしたのは、昭和35年頃と言われています。

 

その後、高度成長期と共にクーラーの普及率も上がり、現在ではクーラーの普及率は都市部で90パーセントを超えます。

 

現代社会では、温暖化のせいか、夏場の気温も軒並みあがり、35℃や40度近くなっても驚かなくなってきています。

 

もはやクーラーがなければ生きていけないぐらいの暑さになっています。

 

ところが、現代社会に必要不可欠になりつつあるクーラーには、問題があることもあります。クーラーが原因で起きてしまう「冷房病」で悩む人が急増しているということです。

 

犬のクーラー病(冷房症)の症状とは?

 

まずどういう仕組みで「冷房病」が起きてしまうのかというと、

 

「クーラーなどで長時間身体が冷やされることが原因となり、皮下の毛細血管や汗を分泌する汗腺に異常が起き、体温が急激に下がり毛細血管の収縮の結果、全身に血行不良が起きてしまい、同時に自律神経にも支障が起きてしまうことです。 」

 

全身の血行不良は、自律神経と密接に関わっています。

 

親が先か、卵が先かぐらい、血行不良を治すと自律神経も正常になる、もしくは自律神経を正常にするために血行を促進させると良いとも聞きます。

 

それほど、冷えとは自律神経にダイレクトに関わってくるといっても過言ではないのです。

 

クーラー病(冷房病)の症状で動悸や鼻水?

自律神経失調症は、冷えが原因とも言われています。

 

冷えが原因ということは、「冷房病」とも関係が深いということです。

 

ある意味、冷房の影響で自律神経失調症になる場合も多いとも言えます。

 

室温が5℃の差以上ある場所の出入りを繰り返すと、自律神経失調症を起こしやすいとも言われています。

 

特に屋内と屋外の温度差が大きい時は、倦怠感や頭痛といった自律神経系に異常をきたしやすくなります。

 

実は、自律神経失調症という病名はありません。

 

自律神経が障害を起こしたことが原因で起きてしまった、頭痛や倦怠感、ふるえ、下痢、便秘、動悸、風邪の症状見たいなものからうつ病まで何が原因なのかわからない、いわゆる未病というものなどを総称した名称が「自律神経失調症」というものにまとめたという感じです。

 

自律神経に障害がある場合で症状が出ているようであれば、頭痛があるから鎮痛剤とか、便秘だから下剤とかいう対処法ではほとんどその症状が回復することはありません。

 

大元の自律神経の機能を正常に戻すしか方法はないからです。自律神経の機能を正常に戻すには、下記のことが効果があるといわれています。

 

・自分が何をするとリラックスできるのかを知る。(交感神経と副交感神経の切り替えをうまくスイッチングできるようにする)

 

・お風呂はシャワーだけでなく、湯船につかる。(全身の血行を良くする。ヘッドマッサージもお勧めです)

 

・体のゆがみを治す。(特に頸椎あたりを治す)

 

・適度に体を動かす。(全身の血行を良くする。ウォーキングなどの有酸素運動がお勧めです)

Sponsored Links

 

・プラセンタを飲む。(自律神経失調症に効くといわれています)

 

・ツボを押す。(自律神経に作用するツボを刺激します)

 

・漢方。(食事に取り入れると続けやすいです)

 

自律神経を整えるのに上記のことはとても効果的ですので、気軽に行ってみることをお勧めします。

 

クーラー病(冷房病)をツボで治す方法とは

クーラー病(冷房病)をツボで治すには、自律神経に作用するツボを刺激すると良いです。

 

皮膚や筋肉などには、刺激を感知する感覚受容器というセンサーがたくさんあり、そのうちの特定の受容器がツボと言われるものになります。

 

ツボを刺激すると、刺激は神経を伝い、脊髄や脳に伝わります。すると脳はその信号を受け、自律神経などを通じて、弱っている場所の血流を良くしたり、筋肉を緩めたりすると言われています。

 

ツボを押すと痛く感じるのは、血行が悪くなると痛みの原因になる物質が発生して強い痛みを感じしまいます。

 

なので、ツボ押しをしてもらって、飛び上がるほど激痛だった場合は、その反射部分が弱っているのです。自律神経に効果があるといわれているツボは下記のとおりです。

 

・天柱(てんちゅう)・・・疲れ目の改善や肩こりの解消、ストレスが原因の疲労回復、肝機能の活性化などに効くツボとなります。首の後ろ側にある髪の毛のちょうど生え際の部分で真ん中にある太い筋肉の両側です。

 

・風池(ふうち)・・・肩の緊張を緩和、脳の活性化、視力回復などに効くツボで、天柱から指1本分外側の位置にあります。

 

・築賓(ちくひん)・・・足の冷えに効くツボで、ふくらはぎの内側の骨の近くにあるツボです。足のむくみにも効果があります。

 

・胞こう(ほうこう)・・・足の冷えと腰痛に効くツボで、おしりの側面にあるくぼみの少し内側の辺りにあります。このツボは足と腰の血行をよくするため、足の冷えと同時に腰痛など腰の不調にも効果があります。

 

・労宮(ろうきゅう)・・・上半身の血行促進、首や肩こりの解消、胃腸の不調の改善、動悸などに聞くツボで、手の平のほぼ中央部分にあります。

 

・三陰交(さんいんこう)・・・下腹部の冷えに効くツボで、刺激すると骨盤内の臓器の血流が増えるため、女性に関しては更年期障害や月経不順、そして下腹の冷えなどの婦人病に効果を期待できます。

 

・肩井(けんせい)・・・肩こりの中でも冷えに効果を期待できるツボで、方の端と首の真ん中のまさに中間部分にあります。頭や肩の血行が促進されて、肩こりだけではなくて、倦怠感などの解消にも効果を期待できます。

 

・風池(ふうち)・・・目の疲れや頭痛に効果的なツボで、ちょうど首の後ろの付け根にあるくぼみの上あたりに位置します。頭の血行促進から頭痛の抑制につながりますし、ドライアイや疲れ目にも効果を発揮しますね。

 

・安眠(あんみん)・・・耳の裏のちょうど後ろで、うなじと少しぶつかる所に位置します。寝つきが悪い、眠りが浅いなどに効きます。

 

気が付いたときに、ツボをうまく利用してこまめに自律神経の調整を行うようにすると、無理せず長く続けることができます。

 

Sponsored Links