Sponsored Links

「知覚過敏の治療の費用は?」

 

あなたは、虫歯でのないのに歯がしみて激しい痛みに襲われてしまったり、冷たい飲み物やアイスを口にするだけで痛みを感じてしまったり、という経験をしたことはありませんか?

 

もしそんな経験を多くしているのならば、それは『知覚過敏』の可能性が非常に高いです。

 

今回は、この『知覚過敏』にスポットを当てて、詳しくご紹介していこうと思います。

 

知覚過敏の症状や原因は?

基本的に、歯には表面を覆っている『エナメル質』が存在します。しかし歯の根っこの部分にはこの『エナメル質』は無いのです。

 

その歯の根っこの部分が歯茎から露出されてしまうことによって、エナメル質が刺激を防いでくれることもなく、エナメル質の内側にある象牙質や神経にしみてしまい、痛みを感じてしまうということなのです。

 

象牙質には無数の小さな穴が空いています。その穴に冷たい飲み物やアイス、そして歯ブラシの毛などが入り込んだ時に激しい痛みを感じてしまうのです。

 

ただ、エナメル質がない歯の根が露出していたとしても、必ず知覚過敏が起こるというわけではないのです。

 

先ほど説明した象牙質の無数の穴は、露出されると自然に穴が塞がっていくという性質を持っているので、基本的には露出しただけで知覚過敏が引き起こるということはないのです。

 

ただ、露出した歯の根の部分にプラークが付着してしまっていると、その無数の穴が塞がる前に入り込んでしまい、痛みを感じてしまうのです。

 

そして、それを理由に力を入れて歯磨きをしてしまうのも良くないのです。研磨剤によって歯を傷つけてしまい、象牙質の無数の穴も空いたままになってしまう可能性があります。

 

また、知覚過敏は大人だけがかかるというわけではありません。子どもも知覚過敏になる可能性はあるのです。

 

大人と比較すれば知覚過敏になる可能性は低いですが、絶対にならないというわけではありません。子どもの知覚過敏の最も多い原因というのは、歯磨きの仕方によって引き起こされるケースです。

 

子どもの場合、大人よりもエナメル質が柔らかく破壊されやすいので、力強く歯を磨いてしまうことによってエナメル質が破壊されてしまって知覚過敏になる、と言うケースが大変多いのです。

Sponsored Links

 

そのため、お子さんが歯磨きをするような年齢になった時には、必ず正しい歯磨きの仕方を教えてあげるようにしましょう。

 

知覚過敏の予防法や治療法

もちろん、正しく歯を磨いていけば知覚過敏は予防、そして治療に効果的です。知覚過敏だとしても、知覚過敏ではないとしても、歯を磨く時にはあまり力を入れすぎないようにしましょう。

 

特に市販の歯磨き粉には、歯をしっかりと磨くための『研磨剤』が多く含まれております。この研磨剤によって知覚過敏が悪化してしまうケースは非常に多いので、出来るだけ知覚過敏の症状があるときには研磨剤が入っていないものを使用するようにしましょう。

 

もしくは、歯磨き粉を使用しないという手もあります。そして、歯ブラシの硬さも重要になってきます。あまりに硬い歯ブラシですと、象牙質に強い刺激を与えてしまう可能性も少なくありません。

 

なので、出来るだけ柔らかい歯ブラシを使って、研磨剤が入っていない歯磨き粉を用いて優しく磨いていくように心がけていきましょう。

 

また、最近では歯医者さんに行くと知覚過敏用の歯磨き粉というものを買うことも出来ます。

 

この知覚過敏防止用の歯磨き粉には、象牙質にある無数の穴を塞いでいってくれる成分が含まれており、刺激が伝わりにくい歯を作り出してくれるので非常におすすめです。歯医者さんに行った際にはこの歯磨き粉を購入してみてください。

 

知覚過敏の治療費用とは

基本的に、知覚過敏の治療費は保険治療の場合であれば150円程度、保険外の場合であれば、1000円〜2000円と言われております。

 

主に行われる治療としては、フッ化物を歯に塗る治療であったり、レーザーによって行う治療であったり、歯科材料を用いて歯をコーティングする治療があります。

 

この3種類の治療どれを選んだとしても、治療費はほとんど変わりませんので、あなたに合った治療法を歯医者の先生と相談して決めていくことをお勧めします。

 

ただやはり、この中でもレーザー治療は特に人気が高いのが現状です。レーザー治療は歯の治療でありがちな『歯がしみる』という症状がほとんど出ないため、多くの人気を集めています。

 

Sponsored Links