Sponsored Links

「ブタクサアレルギーで皮膚が荒れる?果物や薬は大丈夫?」

 

近年は、大半の方が何かしらのアレルギーを持っていると言われています。

 

カビアレルギーの症状は咳や肌荒れ?チーズは大丈夫?治療法は?

 

そのアレルギーの代表として知られているのが花粉症です。

 

花粉症で咳が止まらない!子供が!?

 

ただ、花粉症にも様々なものがあり、スギ花粉の花粉症の人もいれば、イネなどの花粉の花粉症の方もいらっしゃいます。

 

今回は、スギ、イネと並んで世界の三大花粉症の一つとも言われている、『ブタクサ』のアレルギーについてご紹介していこうと思います。

 

ブタクサアレルギーで皮膚が荒れる?

ブタクサというのは、北アメリカが原産となっている外来種です。

 

日本には明治時代の頃に渡来した植物と言われていて、現在では河原や道端など、様々な場所、地域に幅広く生息している植物なのです。

 

そんなブタクサアレルギーを持っている方は、ブタクサの花粉によって皮膚が荒れてしまう事があると言われています。

 

アレルギーに強い反応がある人でなければそこまで皮膚が荒れるという事はないのですが、強い反応がある方は皮膚があれてしまう事があるのです。

 

花粉症皮膚炎「NHK・あさイチ」によると?

 

また、男性と違って女性は化粧をしますので、日常から皮膚にストレスがかかっている状況でもあります。

 

なので、男性よりも女性の方がブタクサアレルギーによる肌荒れが酷くなってしまう事が多いのです。

 

また、ブタクサアレルギーには皮膚が荒れる以外にも、顔が赤く腫れぼったくなってしまったり、顔がピリピリと痛んでしまったり、顔が火照ってしまったりと、ブタクサの花粉によって様々な影響が出てしまうと言われています。

 

ですから、現時点でブタクサアレルギーではない方も、もしこれらの症状が出て来た場合にはブタクサアレルギーである可能性が考えられますので、病院で検査を受けるようにしてください。

 

また、これらの肌荒れの症状が起きて、もし痒くなってしまったとしても、かかないように気をつけて下さい。

 

ここでかいてしまうとさらに症状が悪化してしまう可能性があります。

 

また、ブタクサアレルギーは基本的に7月から10月頃が最も多く飛散されると言われていますが、当然地域によってピークの時期は異なります。

 

例えば東北や北海道などの寒い地域では、ブタクサアレルギーの飛散のピークは8月から9月と言われています。

 

逆に九州などの温暖な地域の場合は、飛散のピークは9月から10月頃となっていますので、その辺りも頭に入れておくと良いと思います。

 

ブタクサアレルギーの方が注意すべき食べ物とは?

一般的な花粉症の場合は、春に症状が酷くなる場合が非常に多いのですが、ブタクサアレルギーの場合はピークが9月から10月と遅くなっているので、一見花粉症とは分からずにパニックになってしまう方が非常に多いと言われています。

 

また、ブタクサアレルギーの症状は食べ物によっても引き起こると言われているので注意が必要なのです。

 

花粉症の原因となる『アレルゲン』は、果物が持っているアレルゲンと一緒だからです。

 

つまり、アレルゲンが含まれている食品を食べた場合、体が交代として反応してしまい、アレルギー症状を起こしてしまうという事です。

Sponsored Links

 

では、どういった食品がブタクサと同じアレルゲンなのかというと、ブタクサと同じアレルゲンなのは『ウリ科の果物や野菜』だと言われています。

 

ウリ科の果物や野菜というのは具体的にどういったものかと言うと、スイカやメロン、バナナ、きゅうりなどの事を指します。

 

これらの食品にはブタクサと同じアレルゲンが含まれていますから、ブタクサアレルギーの方はこれらの食品には特に気をつけるようにしてください。

 

また、ブタクサアレルギーの方がこれらの食品を食べてしまった場合、症状として舌が痒くなったり、喉の奥がヒリヒリしたり、イガイガしたり、唇が痒くなったりなどの症状が現れると言われています。

 

また、人によって症状は様々ですが、強い反応を示してしまう方の場合は口周りだけでなく、目や鼻のかゆみが出て来てしまったり、ひどい場合には嘔吐や下痢といった消化器症状を生じる可能性もあるのです。

 

花粉症の症状で目がしょぼしょぼ?

 

ですから、ブタクサアレルギーの方はウリ科の食品には特に注意が必要と言えます。

 

ブタクサアレルギーの方に効果的な薬とは?

ブタクサアレルギーの症状には、目の痒みや喉の腫れ、咳やくしゃみといった一般的な花粉症の症状も見られますので、そういった症状を抑えていくための薬も効果的だと言われています。

 

花粉症の目薬で市販?眼科は?おすすめはどれ?

 

例えば、『パブロンS咳止めカプセル』は、中身が液体状になっていますから、比較的有効成分が溶け出すのが早く、効果的と言われています。

 

また、『アネトン咳止めZ液』も効果的だと言われています。

 

このアネトン咳止めZ液は、その名の通り液体状のシロップとなっているのですが、味がレモンティー風味になっているので、一般的なシロップよりも飲みやすくなっています。

 

このアネトン咳止めZ液は、せきを抑えたり、痰が絡まないようにしたり、アレルギーの炎症を抑えてくれたりといった有効成分が含まれています。

 

卵アレルギーの方は服用できないのですが、それ以外のかたであれば1日に6書いまで使用することが出来ますので、症状に合わせて使用料を調節していくことが可能です。

 

また、外出時にも便利な咳止め液として知られているのは『ベンザブロック咳止め液』の飲みきりタイプのものです。

 

これは一回で飲む量ごとに放送されていますから、外出した際にも手軽に飲むことが出来ます。

 

そしてこのベンザブロック咳止め液には、せきを抑える『ジヒドロコデイン酸塩』であったり、喉の痛みを抑える『トラネキサム酸』などが有効成分として含まれています。

 

また、味の方も清涼感のあるメントール味になっていますので、甘さ抑えめで非常に飲みやすくなっています。

 

このようにブタクサアレルギーの症状を抑えてくれる薬というのは数多く存在するのですが、これらはあくまでも症状を抑えてくれるだけであり、完全に症状を無くしてくれる訳ではありません。

 

ですから、ブタクサの花粉が飛散する時期である8月から10月までの時期は、出来るだけブタクサに近づかないようにする事が、症状を抑えるために最も効果的な方法と言えると思います。

 

もちろんブタクサは様々なところに生えていますので完全にブタクサから避ける事は難しいですが、意識して生活するだけでも花粉から避ける事は出来ますので、薬の服用と併せて意識した生活を送るようにしてみてください。

 

花粉症の目薬が効かない?妊娠初期や妊娠中は?

 

Sponsored Links