「膀胱炎に無添加クランベリージュースが効果的?」

 

排尿時に不快感があったり、しみるような感覚があったり、痛みを感じたりした経験はありませんか?もしそれらの症状に自覚がある場合は、膀胱炎である可能性があります。

 

Sponsored Links

膀胱炎というのは、尿を溜めるところである膀胱に炎症が起きてしまう事を指します。

 

その原因としては、大腸菌などの腸内細菌が尿道を逆流して膀胱の中に入ってしまい、増殖することによって引き起こると言われています。

 

今回は、そんな膀胱炎になってしまったときの対処法、そして膀胱炎にならないようにするための予防法を詳しくご紹介していこうと思います。

 

無添加クランベリージュースが膀胱炎に効果的な理由とは

膀胱炎に効果的なものは色々とあるのですが、中でも『無添加のクランベリージュース』は特に効果があると言われています。

 

なぜ無添加クランベリージュースが膀胱炎に効果があるの?と思われる方も多いのではないかと思います。

 

無添加クランベリージュースには、『安息香酸』という成分が含まれていて、この安息香酸には膀胱内に侵入した雑菌を減らしてくれる効果があると言われているのです。

 

また、無添加クランベリージュースに含まれているのは安息香酸だけではありません。

 

無添加クランベリージュースには他にも『ポリフェノール』や『キナ酸』といった成分が含まれています。

 

これらの成分には、抗酸化作用や殺菌作用、抗菌作用があると言われていて、細菌感染による膀胱炎にも非常に効果があるのです。

 

ポリフェノールという言葉を聞いた事がある方は多いかと思いますし、『ポリフェノールなら他の食品にも含まれているんじゃないの?』と思われた方も多いのではないでしょうか。

 

確かにポリフェノールだけであれば、リンゴやさくらんぼなどにも多く含まれています。

 

ただ、キナ酸や安息香酸、そしてポリフェノールなどを最も効果的に摂取できるものとしては無添加クランベリージュースが特に効果的なのです。

 

だからこそ無添加クランベリージュースが効果的と言えるのです。

 

また、無添加クランベリージュースの効果はそれだけではありません。

 

無添加クランベリージュースには『アルプチン』という成分が含まれています。

 

このアルプチンには、膀胱炎に感染することによって起きる確率が高まる『尿路結石』や、尿管カテーテルの閉塞を防ぐ効果があると言われています。

 

このように無添加クランベリージュースには膀胱炎に効果的な成分が多く含まれているのです。

 

無添加クランベリージュースのキナ酸とは!?

無添加クランベリージュースには膀胱炎に効果的な成分が多く含まれていますが、その中でも特に注目すべき成分が『キナ酸』です。

 

このキナ酸というものがどういった成分なのかご存知ではない方も非常に多いかと思います。

 

キナ酸には、非常に強い殺菌作用があると言われており、大腸菌などの雑菌の侵入によって引き起こる膀胱炎にも効果的な成分の一つなのです。

 

そんな膀胱炎に効果的なキナ酸ですが、一体キナ酸というのは何なのかと思われている方も多いかと思います。

Sponsored Links

 

キナ酸というのはアカネ科キナノキ属の『キナノキ』の樹脂から発見された成分です。

 

主にコーヒーの種子であったり、クランベリーの実などに含まれている成分で、体内に摂取すると、馬尿酸というものに変化します。

 

馬尿酸は、尿を弱酸性にしてくれるので、膀胱炎や腎盂炎などといった尿路感染症を防いでくれる効果があるのです。

 

そして膀胱炎に感染する原因として最も多い細菌である大腸菌は、中性やアルカリ性では非常に繁殖しやすいのですが、酸性になると抑えられるという特徴があります。

 

ですから、尿を弱酸性にしてくれる効果のある馬尿酸、そしてキナ酸というのは膀胱炎の改善、そして予防に特に効果的な成分と言う事ができるわけです。

 

そして、馬尿酸には尿の異常な匂いであったり濁りなどを防いでくれる効果もありますし、尿路結石を防いでくれる効果もあるのです。

 

ですから、カテーテルを挿入したり、尿路変更の手術をした方などの尿の異常な匂いが減るという効果もあると言われています。

 

このようにキナ酸には、膀胱炎を始めとする様々な病気に効果があるのです。そんなキナ酸が多く含まれている食品として、最近は無添加クランベリージュースが非常に注目されているという事です。

 

『無添加じゃなければダメなの?』と思われる方も多いかと思います。

 

実際無添加ではなくてもキナ酸は多く含まれているのですが、無添加の方がキナ酸が含まれている量は圧倒的に多いので、キナ酸を摂取したいという方には無添加のクランベリージュースがオススメです。

 

無添加クランベリージュース以外で膀胱炎を予防する方法

ここまで、キナ酸が豊富に含まれていて膀胱炎に効果的なものとして、無添加クランベリージュースをご紹介してきましたが、実は無添加クランベリージュース以上にキナ酸が多く含まれている食品というのが存在するのです。

 

それは何かというと、『サジー』という食品です。

 

日本ではまだあまり有名な果物ではないのですが、このサジーという果物には、無添加クランベリージュースに含まれているキナ酸の2.2倍以上ものキナ酸が含まれているのです。

 

ですから、キナ酸をより多く摂取して膀胱炎を予防したいという目的の場合は、無添加クランベリージュースよりもサジーの方が圧倒的に効果があると言えます。

 

また、サジーには体温を高めてくれる効果もあると言われています。

 

一見、体温を上げてくれるという効果は膀胱炎と何も関係がないように感じますが、体温が上がるという事は、免疫力を高めてくれるという事でもあるのです。

 

体温が低い人ほど免疫力は低い傾向にありますし、免疫力が低いという事は、膀胱炎を始めとする病気にも感染しやすいという事になる訳です。

 

ですから、特に体が冷えやすい女性などは、効果的なサジーを摂取して体温を上げるということも、膀胱炎の予防として非常に効果があるのです。

 

近年では、『サジージュース』というものも販売され始めていて、少しずつではありますが、サジーが手軽に手に入るようになってきています。

 

ですから、ぜひこの機会にサジージュースを一度召し上がってみてはいかがでしょうか。

 

Sponsored Links