「膀胱炎の原因で高齢者は?頻尿は薬で治療できる?」

 

膀胱炎は、主に大腸菌が尿道を逆流して膀胱内で繁殖することによって発症すると言われています。

 

Sponsored Links

そんな膀胱炎ですが、実は高齢者の方がかかる確率が高いと言われています。

 

今回は、なぜ高齢者の方が膀胱炎にかかってしまう可能性が高いのか、そして高齢者の膀胱炎の症状であったり、高齢者の頻尿の治療法などについても解説していきますね。

 

高齢者は膀胱炎になりやすい!?

そもそも本当に高齢者の方が膀胱炎になりやすいのか?と疑問に思われている方もいらっしゃるかと思います。

 

しかしこれは事実で、高齢者の方が膀胱炎になりやすく、しかも膀胱炎から腎盂腎炎にかかる確率も高いと言われているのです。

 

そんな膀胱炎ですが、やはり原因の8割近くは大腸菌です。

 

そして構造上、男性よりも女性の方が肛門と尿道の距離が近くなっているため、女性の方が膀胱炎にかかりやすいという傾向もあるのです。

 

では、なぜ高齢者の方が膀胱炎になりやすいのか。

 

その最大の理由として挙げられるのは、『免疫力が低下しているから』ということが考えられます。

 

やはり、こういった感染症というのは免疫力が低下しているときに起こりやすくなっています。

 

ですから、免疫力が低下傾向にある高齢者は特に膀胱炎になりやすいのです。

 

当然高齢者でなくても、睡眠不足や栄養不足などが原因で免疫力が低下している方などは膀胱炎になりやすい傾向にあります。

 

また、免疫力以外で考えられる理由としては、高齢者になるとオムツやリハビリパンツなどを着用する機会が増えるから、ということも考えられます。

 

膀胱炎を予防する上で最も重要なのは、やはり隠部を清潔に保つという事です。

 

ですから、高齢者のオムツやリハビリパンツは小まめに変えるようにする事が重要と言える訳です。

 

そして、高齢者の方は尿パッドを使用される方も多いのではないかと思います。

 

尿パッドを使用していると、どうしても隠部の湿度が高くなって最近も増えやすくなってしまいます。

 

ですから、隠部の洗浄やオムツの定期的な交換が膀胱炎を予防する上で非常に重要という事なのです。

 

そんな膀胱炎の症状としては、いつもよりもトイレが近くなったり、トイレに行ったのにすぐにまたトイレに行きたくなってしまうなどの症状が見られた場合は膀胱炎の可能性がありますので、早急に病院へ行って診察を受けるようにしましょう。

 

高齢者の膀胱炎の症状や原因とは?

年齢が高くなると、当然皮膚の感覚であったり、筋肉なども衰えてきてしまうので、排便の後にどうしても肛門のまわりを綺麗に出来ないという事が起きます。

 

家族に介護されている方などであれば、清潔に保つのは決して難しい事ではないのですが、一人暮らしの方などは自分自身で自分の体をケアする必要がありますので、膀胱炎になってしまう可能性も当然高まるのです。

 

ですから、いかにして肛門まわりを清潔に保つかという事が重要になります。

 

そんな肛門まわりを清潔に保つ方法の一つとしては、お尻を綺麗に保つためのウェットタイプのシートを使用して綺麗に拭き取るという方法があります。

Sponsored Links

 

最近のシートは、そのままトイレに流す事も出来ますので、手軽に使用可能です。

 

また、ウォシュレット付きのトイレにするという事も膀胱炎を防ぐ上で非常に重要な手段の一つです。

 

ウォシュレットをした排便後のお尻とウォシュレットをせずにトイレットペーパーで吹いただけの排便後のお尻では、大腸菌の数が大きく異なると言われています。

 

ですから、高齢者の方ほどウォシュレットは重要であり、膀胱炎の予防にも効果的と言えるのです。

 

ですから、ぜひこれらの方法でできるだけお尻を清潔に保つ事が重要と言えます。

 

また、高齢者の方が膀胱炎を予防する上で重要なのは、日中に水分を摂取するようにして、夕方以降は出来るだけ取らないようにするという事です。

 

夕方以降に多くの水分を摂取してしまいますと、どうしても夜寝ているときに膀胱内に溜まる尿の量が増えてしまいますし、尿パッドを使用している方は湿度が高くなってしまう可能性も高まります。

 

また、高齢者になるとどうしても免疫力が低くなっていくので、若い人に比べて膀胱炎になりやすいという特徴もあります。

 

ですから、出来るだけ免疫力を低下させないようにするためにも、温かい飲み物を飲んで免疫力が低下しないように工夫しましょう。

 

高齢者の頻尿は薬で治療できる?

また、高齢者になると、頻尿になってしまい夜起きる回数も増えてしまう傾向にあります。

 

頻尿で起きる回数が増えてしまえば、当然睡眠不足になってしまいますので、体調も崩しやすくなるのです。

 

また、夜間のトイレが増えることのリスクは、睡眠不足だけではないのです。

 

夜、暗い中でトイレに行こうとするのは、高齢者にとっては非常に危険なことでもあります。

 

高齢者は転倒しても手で体を支えることができる可能性は低いので、大怪我を招いてしまう可能性があるのです。

 

ですから、高齢者の頻尿は非常に危険ということです。

 

では、そんな高齢者の頻尿は薬でも治療できるのでしょうか。

 

頻尿は膀胱炎とも大きな関わりを持っていて、膀胱炎の症状の一つとして頻尿はあるのです。

 

ですから、膀胱炎による頻尿が起きている場合は、薬を服用しても改善することは難しいと言われています。

 

病院へ行き、膀胱炎ではないと診断されれば、薬を服用することによって頻尿は改善していくことが可能です。

 

また、市販の頻尿薬も販売されていますので、そちらでも頻尿は改善していくことが可能です。

 

ただ、膀胱炎かどうかが分からないという方も非常に多いと思いますので、もし頻尿になってしまった場合は、まず病院へ行って、診察を受け、自分がどういった症状なのかを把握することが非常に重要となります。

 

自分で勝手に『膀胱炎ではない!』と決めつけてしまった場合、もし膀胱炎であれば市販の頻尿薬に手を出しても改善することは出来ません。

 

ですから、高齢者の方に限らずどなたもまずは病院へ行くという判断をするようにしてください。

 

このように膀胱炎は免疫力が低下するとかかりやすい病気ですので、まずはご自身の体を健康に、そして清潔に保つように心がけていきましょう。

 

膀胱炎に無添クランベリージュースが効果的?

 

Sponsored Links