Sponsored Links

「アルコール依存症で治療の費用!家族への影響!離婚も?」

 

成人を迎えると、飲酒や喫煙が出来るようになるので生活に大きな変化が生まれるかと思います。

 

そんな生活の変化の中でも『飲酒』による生活の変化は非常に多いのではないでしょうか。

 

仕事終わりに飲みに行ったり、大学生などでも飲み会などが非常に多くなり、お酒の力を借りて様々な人とコミュニケーションを取るという機会も少なくありません。

 

なので、上手くお酒と付き合っていけば、お酒は非常に便利なツールにもなるのです。

 

しかし、お酒を飲み過ぎてしまうと酔っ払って記憶をなくしてしまい、知らぬ間のうちに信頼を失ってしまっているというケースも少なくありません。

 

最悪の場合、アルコールを飲まなければストレスを感じてしまうといった『アルコール依存症』を発症してしまう可能性もあります。

 

ですから、くれぐれもお酒はほどほどに抑えるようにしていきましょう。

 

今回は、そんなアルコール依存症について詳しくご紹介していこうと思います。

 

実際にアルコール依存症になってしまう方ほど、自分がなぜアルコール依存症になってしまったのか分からぬまま依存状態に陥ってしまっていることも少なくありません。

 

なので今回は、アルコール依存症の症状や原因を初めとした様々なことをご紹介していこうと思います。

 

アルコール依存症の症状や原因とは

アルコール依存症は、違法薬物の依存とは異なりアルコール飲料の依存症なので、大したものではないと考える方も多いかと思いますが、実はアルコール依存症も薬物依存症の一種なのです。

 

ですから、アルコール依存症も非常に危険な病気の一つということになります。

 

なぜアルコール依存症も危険なのかというと、アルコールを大量に摂取し続けると、脳がアルコール摂取を日常の行為の一環だと捉えてしまい、アルコールを摂取しないとストレスが溜まったり、手が震えたりといった症状が出てきてしまうのです。

 

これらの症状を克服するのは非常に大変なことだとされていて、薬物依存同様に完治が難しい病気なのです。

 

また、アルコール依存の強いところは、たとえ長期間アルコールを断つことが出来たとしても、少量のお酒を飲んだだけでアルコール依存症が再発してしまう可能性があるという点です。

 

また、アルコール依存症というと、男性に多いイメージがあるかもしれませんが、実は女性の方がアルコール依存症になりやすいと言われています。

 

なぜかというと、男性に比べて女性の方がアルコールの処理能力が低い傾向にあるからです。

 

ですから、女性の方は特にお酒の飲み過ぎには気をつける必要があります。

 

また、男女問わずに『ストレス解消』目的でお酒を飲まれる機会は多いのではないかと思います。

 

このストレス解消の方法としての飲酒の回数が増えてしまうと、ストレスが貯まる度にお酒を飲まなくてはならなくなってしまって、結果的にアルコール依存症になってしまうというケースも少なくありません。

 

お酒以外にもストレスを発散できるものを作るという事もアルコール依存症を防ぐために重要な事と言えます。

 

アルコール依存症が及ぼす家族への影響は?離婚も?

アルコール依存症になってしまうと、家族へ迷惑をかけてしまう可能性も非常に高くなります。

Sponsored Links

 

お酒を飲むと人が変わってしまう人なども少なくありませんから、普段は温厚なのにアルコールが入ると豹変して暴力的になってしまう場合があります。

 

ですから、アルコール依存症になってしまうことによって、DVが起こったり、喧嘩っ早くなってしまったりなどの影響が起きてしまう事もあるのです。

 

やはりそういった事が増えると家族との溝が深まってしまいますから、最悪の場合はアルコール依存症が原因で離婚してしまう事もあります。

 

くれぐれもお酒の飲み過ぎには気をつけるようにしましょう。

 

アルコールは適度に摂取する分には問題ありませんが、飲み過ぎてしまうと人間関係を悪化させてしまい、最終的に自分を不幸にしてしまう危険なものです。

 

アルコールをストレス解消などの逃げ道として使うのではなく、より人間関係を良好にするためのツールとして活用できるように、心に余裕を持っていく事が重要となります。

 

やはりストレスや人間関係の悩み、仕事のトラブルなどからアルコール依存症に陥る事が多いです。

 

ですので、ストレスを溜め込まないように誰かに悩みを打ち明けたり、ストレスを解消できる趣味を持ったりしてアルコール依存症を予防していきましょう。

 

アルコール依存症の治療法や治療費は?

アルコール依存症になってしまった場合、自分一人でアルコール依存症を改善していくのは非常に困難です。

 

ですから、病院へ通ってアルコール依存の治療を受ける必要があります。

 

アルコール依存の治療法としては、まず自分自身がどのような状況になっているのかという事を自覚させられる事から始まります。

 

そうして治療への動機付けを行っていきます。

 

そこから実際に断酒を始めていき、離脱症状や精神疾患などの診断や治療を慎重に行いつつ3週間ほど断酒を進めていきます。

 

そしてそこからはリハビリという形で、精神を安定させるためのレクリエーションであったり、打ち込む事ができるような創作活動を取り入れたりして、退院後の生活もしっかりと行っていけるようなリハビリを行っていきます。

 

そうしてお酒への依存がなくなった所で退院となりますが、退院後もリハビリは継続され、定期的に通院してカウンセリングを受けながらアルコール依存症の再発を防止するための治療が行われます。

 

このように少しずつお酒を断つという気持ちを強めていきながら社会に復帰していくための治療が行われていきます。

 

入院治療の場合は、3ヶ月ほどの入院治療で30万円から40万円ほどとなります。

 

また、高額医療費制度を申請する事もできるので、支払いが厳しいという方は、この高額医療費制度を申請すれば負担額が半分以下になりますので、こちらも検討されてみると良いかと思います。

 

というわけでアルコール依存症についてお話しさせて頂きました。

 

決してお酒は飲んではいけないというものではありませんし、むしろお酒を飲む事によって様々な方との交流を持つ事が出来る場合もあります。

 

お酒は、上手く活用できるようにしていく事が出来れば便利なツールとなり得るものなので、くれぐれも飲み過ぎには気をつけるようにしていきましょう。

 

Sponsored Links