Sponsored Links

「赤ちゃんが鼻づまり?玉ねぎはどう?窒息する!?病院は?」

 

大人になれば、風邪をひいたり熱が出てしまったとしても、自分で対処することが出来るのでそこまで心配はありませんが、赤ちゃんは、自分で病院に行くことも出来ませんし喋ることも出来ないので、風邪を引いてしまった時というのは非常に危険な時でもあるのです。

 

ぜひ、赤ちゃんが体調を崩した際には、いち早く気づいてあげられるように日頃から注意を払っていきましょうね。

 

なので今回は、赤ちゃんが風邪を引いた際について、詳しく解説していきます。

 

赤ちゃんの鼻づまりの原因や対処法

赤ちゃんの鼻の粘膜の分泌量は、大人並みに多いと言われております。

 

しかし、鼻は低く、鼻腔も狭く、鼻の穴も小さいので、大人よりも粘液が詰まりやすいのです。それが、赤ちゃんの鼻づまりの最大の原因と言われております。

 

また、赤ちゃんはミルクや母乳をたくさん飲みますので、粘液がまとわりつきやすいということもあります。

 

そして鼻の粘膜は非常に敏感ですから、少しの気温の差でも鼻水が出てきてしまいます。

 

これらの原因が重なることで、仰向けで寝ている時間が多い赤ちゃんは、鼻の奥に粘膜が詰まりやすくなってしまうため、鼻づまりが頻繁に起きてしまうということなのです。

 

そんな赤ちゃんの鼻づまりですが、対処法として何を行えばよいのかというと、最も効果てきなのは『鼻水を吸い取る』という方法です。

 

鼻水吸い器を使えば綺麗に鼻水を取ることができますので、鼻水が詰まっているなと感じたら、すぐに鼻水を吸ってあげるようにしましょう。

 

ただし、力強く吸わないように注意してください。

 

鼻の粘膜を傷つけてしまう可能性がありますし、鼻の粘膜が傷ついてしまいますと余計に鼻が詰まりやすくなってしまいますので、優しく吸うようにしましょう。

 

そして、もう一つが『室内加湿を行なう』という方法です。

 

室内が乾燥しますと、粘膜も乾きやすくなってしまうため、鼻づまりが起きやすくなるのです。なので、加湿器などを使って一定の湿度を保つようにしていきましょう。

 

鼻づまりは玉ねぎで解消できる?

実は、鼻づまりには玉ねぎが効果的であるということをご存知でしたか?

 

玉ねぎを切ると、涙が出たり鼻がツーンとしてしまう、という経験をしたことありますよね?

Sponsored Links

 

この原因は、玉ねぎに含まれている硫化アリルというものが原因なのですが、この硫化アリルは鼻づまりの解消にも効果があると言われているのです。

 

ですから、スライスした玉ねぎを枕元に置いたり、擦った玉ねぎをガーゼなどに包んで湿らせて、鼻の下に塗ってあげると、鼻づまりに効果があるのです。

 

もちろん、玉ねぎの匂いはしてしまいますが、非常に効果的な方法ですので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

そして玉ねぎに含まれている硫化アリルには安眠効果も含まれておりますので、ぜひ寝る前などにも使用してみてください。

 

赤ちゃんが鼻づまりすると窒息する!?病院は?

赤ちゃんが鼻づまりになってしまうと、呼吸ができずに窒息してしまうのではないかと心配になってしまいますよね。

 

ただ、赤ちゃんが鼻づまりになったとしても呼吸が辛くなってしまうことは否めませんが、決して死ぬことはありません。

 

しかし、人間は本来鼻で呼吸する生き物であり、口は呼吸をするのが主な働きではありませんので、もちろん赤ちゃんにも負担がかかってしまいます。

 

鼻で呼吸ができないことによって、泣き始めてしまうのですが、その泣き声をあげることによって同時に呼吸もできますので、窒息に至るは心配はありません。

 

ただし、鼻づまりの状態を放っておくとて中耳炎になってしまう可能性が出てきますので、もしも鼻づまりになった場合には、すぐに鼻水を吸いだしてあげるようにしてください。

 

また、これは赤ちゃんに限ったことではありませんが、口呼吸ばかりしていると免疫力が低下してしまうので、白血病や糖尿病になる可能性が高くなると言われております。

 

ですから、もしも口で呼吸することが癖になってしまっている方は、鼻で呼吸できるように矯正していきましょう。

 

そして大人が鼻づまりを放置していると、蓄膿症になる可能性も多くあります。

 

大人ですと鼻づまりを放置する方は少ないかと思いますが、もしも鼻づまりになった時には病院に行ったり、薬を飲んだりして、処置を行うようにしてくださいね。

 

蓄膿症も、最悪の場合はガンに発展する可能性もありますので、しっかりと対処していくようにしましょうね。

Sponsored Links