Sponsored Links

「あがり症克服へのアドバイス!克服方法は?潜在意識を変える?」

 

あがり症とは、日常生活の中でとても緊張していると感じた時に、心臓が高鳴ったり、冷や汗をかいたり、声や手が震えたりする症状の事を言います。

 

あがり症自体は人間が緊張や不安に対処するための自然な反応ですが、失敗してはいけない、あがっている自分を他人に見られるのが恥ずかしい等と意識してしまうと、あがり症はますます悪化し、日々の生活に悪影響を及ぼすようになってしまいます。

 

日常生活では誰しも緊張や不安を感じる場面はありますが、誰もがあがり症になるとは限りません。

 

あがり症で悩んでいる人の特徴として、過去の失敗や緊張を引きずってしまう、他人からどのように見られているかを強く意識してしまう事によって自分を確立できず、自信を失っている事が挙げられます。

 

あがり症を克服するためには、自分の潜在意識に刻み込まれている失敗した時のイメージを、小さな成功の体験を積み重ねたり、自分が成功している姿や理想としている姿を心の中で思い浮かべたりして、「自分にもできる」という方向に潜在意識を変化させると良いです。

 

潜在意識がポジティブに変化すれば、自分に自信が持てるようになり、あがり症の克服へとつながります。

 

あがり症の原因や症状とは

日常生活の中で、大事な会議やプレゼンテーションの前、大勢の人を前にスピーチをする時、入試等の試験の直前、初対面の人と会う時、苦手意識を持っている人と話す時等、緊張を強いられる場面は多々あります。

 

あがり症とは、そのような場面でとても緊張していると感じた時に、心臓が高鳴ったり、冷や汗をかいたり、声や手が震えたりする症状の事を言います。

 

また、あがり症では、人前に出ると自分の考えをうまく話せない、相手の視線が気になる、相手を直視できず目のやり場に困る、人前に出ると顔が赤くなってしまう、顔がひきつる、身体がこわばるといった症状もよく見られます。

 

あがり症は、緊張や不安を感じた時にノルアドレナリンという神経伝達物質が活発に分泌され、交感神経を活性化させる事によって起こります。

 

人は誰でも、緊張すれば交感神経が優位になり、動悸を感じたり、顔が赤くなったり、冷や汗をかいたり、身体がこわばったりするものですので、あがり症自体は人間が緊張に対処するための自然な反応です。

 

しかし、あがり症が悪化して、人前に出た時等に極端に不安や恐怖心が強くなると、社会不安障害や対人恐怖症等を引き起こしてしまいます。

 

学校や職場の人との交わりを避けるうちに孤立してしまい、次第に学校や会社に行けなくなって日常生活に支障をきたすようになってしまいます。

 

あがり症自体は、緊張や不安に対処するための自然な反応ですが、失敗してはいけない、あがっている自分を他人に見られるのが恥ずかしい等と意識してしまうと、あがり症はますます悪化し、日々の生活に悪影響を及ぼすようになってしまいます。

 

あがり症克服へのアドバイスや克服方法は

日常生活で誰しも緊張や不安を感じる場面はありますが、緊張や不安によって自分が何を話しているのか分からない程にあがってしまう人と、それほど緊張せず堂々と話ができる人がいて、非常に個人差は大きいです。

Sponsored Links

 

人前に出ると、また、会議・スピーチ・入試といった大事な場面になると必ずあがってしまうと自覚している人は、何とかこのあがり症を克服したいと強く願っていますが、単に人前で、また大事な場面であがらないようにと考えるだけではあがり症の克服は困難です。

 

その理由は、あがり症は一度の失敗で起こるものではなく、同じような場面で同じような緊張や失敗をしてしまった経験の積み重ねで起こるものであるからです。

 

自分自身が過去に緊張や失敗をした場面と同じような場面に遭遇すると、その時の緊張や失敗を思い出し、ますますあがってしまいます。

 

さらに、人前であがる人は、自分自身が他人からどのように見られているかを強く意識する傾向があります。他人から良い評価を得たい、恥をかかないためにも失敗したくないと意識するとあがってしまい、さらなる緊張や失敗を引き起こしてしまいます。

 

一方、人前でも堂々と話ができる人は、自分の中に確固とした考えを持っていて、他人の考えや行動に左右されない傾向があります。

 

自分自身の言動・行動に関しても、まわりがいかなる状況であってもぶれがないので、どのような場面でも自信を持って話ができます。

 

あがり症の大きな原因の1つは、必要以上に他人の目を意識して自分を確立できていないので、自分に自信が持てていない事にあります。過去の緊張や失敗を断ち切り、自信を回復させる事があがり症克服の第一歩となります。

 

あがり症は潜在意識を変えると克服できる?

あがり症を克服するには、しっかりと自分を確立して自信を回復させるのが大切ですが、失敗の積み重ねによって失われてしまった自信を回復させるのは難しい事です。

 

では、自信を回復するためにはどのような事を心がければよいのでしょうか。

 

失われた自信を一気に回復させるのは難しいですが、小さな成功体験を積み重ねていく事で少しずつ自分に自信をつけていく事はできます。

 

「私は人前で堂々と話せる。」、「本番で自分は持っている最大限の力を発揮できる。」というように自分の心の奥底にある潜在意識を変えられるようになれば、次第にあがり症も改善されていきます。

 

あがり症は、同じような場面で経験を積めば解消できるのではないかと考えている人も多いです。

 

しかし、あがり症の人は、失敗した時の悪いイメージばかりが浮かんできて、次回も同じ失敗をしたらどうしようと考え込んでしまうので、同じ経験を繰り返す事でさらに悪いイメージを定着させてしまい、ますますあがるという悪循環を繰り返します。

 

まずは、心の中で自分が成功している時の姿や、こんな風にできたらいいなという理想の姿を思い浮かべてみましょう。

 

心の中で思っている事は自然と行動にも結びついてくるものです。また、前向きな言葉を意識して言うようにすると、潜在意識もポジティブな方向に変化していき、自分にもできそうだとう気持ちになれます。

 

あがり症の原因は、自分の心の中にある潜在意識に失敗した時のイメージが刻み込まれている事にあります。

 

小さな成功の体験を積み重ねる、また、心の中で自分が成功している姿や理想としている姿を思い浮かべたり、前向きな言葉を発したりすると、「自分でもできるのではないか」という方向に潜在意識が変化していきます。

 

潜在意識を変えられれば、自分に自信が持て、他人からの視線や他人の意見に容易に動じなくなってあがり症も徐々に克服できるでしょう。

 

Sponsored Links