Sponsored Links

「アデノウイルスで大人が入院?会社へ出勤しなくてもいい?」

 

多くの人が一年を通して感染すると言われているアデノウイルスですが、アデノウイルスはインフルエンザと違い、一年で一度しか感染しないというものではありません。

 

一度アデノウイルスに感染して、そのアデノウイルスに対する抗体ができたとしても、アデノウイルスは常に変化を続け、さらに種類も200以上あると言われているので、また別もウイルスとして感染してしまうのです。

 

ですから、ある意味インフルエンザよりも厄介なウイルスということなのです。

 

今回は、そのアデノウイルスについて詳しくご紹介していこうと思います。

 

例えば、アデノウイルスに大人が感染した場合には入院できるのか?であったり、アデノウイルスの感染経路や潜伏期間についてだったり、アデノウイルスに感染したら会社に出勤しなくても良いのか?といったことなどについて詳しくお話ししていこうと思います。

 

アデノウイルスに大人が感染した場合は入院は大丈夫!?

アデノウイルスには様々な種類があると言われており、症状も人によって少しずつ異なると言われております。

 

しかし、多くの人に共通する症状としては、喉の痛みや腫れが起きたり、目の充血や目やにが増えるといった結膜炎になったり、発熱が起きたりという症状が主に起こると言われております。

 

また、その他の症状としては鼻水や鼻づまり、腹痛、下痢、吐き気、嘔吐、倦怠感、関節痛などが起こると言われております。

 

アデノウイルスで大人の症状は結膜炎や下痢、咳?薬は?

 

ですから、一般的な風邪と同じような症状ということですね。

 

ですから、特に病院に入院しなくてはならないという程にまで悪化することは少ないと言われております。

 

しかし、稀に重症化してしまうことがあり、重症化すると肺炎になったり、気管支炎になったりという可能性も出てくるので気をつけなくてはなりません。

 

アデノウイルスの感染経路や潜伏期間とは

アデノウイルスの感染経路として最も多いのは、飛沫感染と接触感染の二つだと言われております。

 

特に子どもにはこの二つが多い傾向にあるので、感染者が多いと言われております。

 

子どもの場合は学校で集団生活を行っているので、人が触れたものに触れる機会も非常に多く、教室という密室空間でウイルスが充満しやすい環境にもあるので、大人と比べて感染しやすい傾向にあると言われております。

Sponsored Links

 

しかし、もちろん大人にも感染の可能性はありますし、電車の中は同じように飛沫感染や接触感染しやすい環境になっていますので、気をつけなくてはなりません。

 

アデノウイルスの潜伏期間は、だいたい一週間前後だと言われております。

 

つまり、この症状が現れることのない一週間の間でも他人にウイルスを移してしまう可能性があるので、非常に危険だということになります。

 

これは他のウイルスにも言えることですが、症状が出る前から他人にウイルスを移している可能性はあるので、日々の生活でも感染しないように注意していく必要があります。

 

ですから、元気な友達と遊んでいたとしても実はその人にはアデノウイルスが潜伏しており、移されてしまうという可能性があるわけです。

 

なので尚更、日々の体調管理であったり、手洗いうがいを徹底するようにしてくださいね。

 

アデノウイルスに感染したら会社へ出勤しなくてもいい?

アデノウイルスに感染した場合でも、特にインフルエンザやおたふく風邪、水疱瘡などのように出席停止扱いになることはありません。

 

その為大人の場合でも絶対に会社へ出勤してはならない、という決まりも特にありません。

 

しかし、先ほども言った通りアデノウイルスは感染力が強いウイルスなので、他の人に移さないようにするために、最大限の注意を払うようにしましょう。

 

例えばマスクをして、自分のくしゃみが空気中に拡散されてしまわないように徹底したり、自分の飲んだペットボトルやコップなどに触れさせないようにするなど、出来るだけ飛沫感染や接触感染しないように気をつけるようにしましょう。

 

もし、高熱が出てきてしまった場合には無理をせずに会社を休むようにしましょう。

 

やはり無理をしているとそれだけ治るのも遅くなってしまいます。

 

そして多くの人に迷惑をかけてしまうことにもなります。

 

まずはしっかりと自宅で療養し、完治してから出勤することをお勧めします。

 

ただ、やはり会社を休みたくないという気持ちがあるのなら、アデノウイルスに感染しないように予防することが最も重要です。

 

手洗いうがいを徹底したり、食生活を改善したり、睡眠を十分にとったり、適度に運動をしたりすることで、アデノウイルスは予防できますので、ぜひそういった予防を徹底してみてください。

 

Sponsored Links